カウンター

フォトアルバム

ブログ村

2021年12月 4日 (土)

厚生労働省を語る詐欺メール

今朝、メールの確認をしていると……、Photo 厚生労働省を語る詐欺メールが来ていました。

 FUDOUが厚生労働省に登録しているメアドは、スマホのcocoa用のみで、PCのメアドは登録していません。

 それに、件名に書かれている「緊」の字が違う。また、厚生労働省が個人のメアドにこのようなメールを送ること自体、あり得ない活動。

 まったく、生産的な活動をせずに金を儲けようとするこうゆう輩たちはどうにもならないですねぇ。

2021年11月28日 (日)

グリーンセンターのコスモス

 今年もあと1ヶ月ほど……。

 余裕があるときにblogをアップしているので、撮りためていた写真をアップしないと、今年が終わってしまう!!!

 そんなわけで2ヶ月ほど前に撮っていたグリーンセンターのコスモス!3x2a6734_raw_r 3x2a6741_raw_r


 

白龍のお酒と酒器

 FUDOUがちょくちょく買いに行っている酒蔵「白龍」。2週間ほど前、2本買いました。Img_5423_r純米吟醸の「遊」と「白龍ラベル」。どちらも純米吟醸ですが、酒米の精米が異なります。遊は60%で白龍ラベルは55%です。

 飲んでみると、「遊」の方は、60%精米だけあって味が濃く、心地よい酸味があり、飲み応えのあるお酒でした。少し油のある料理と合わせると、お酒のうまさが引き立つかも知れません。

 「白龍ラベル」の方は、白龍にしては甘い香りが特徴的。スッキリしたのどごしで、一口目の印象では、新潟のお酒のようにサラリとした感じでした。辛口なのに甘さが前面に出て、控えめな酸味がありました。 

 先週、久しぶりにハピリンのセーレンプラネットに行きました。その帰り、2階にある物産館に立ち寄ると、店内のレイアウトが以前と変わっていました。FUDOUの好みに合う物がないかなぁと見て回っていると……、ありました(^o^)。Img_5494_r  ガラスに漆を塗った酒器です。木地ではない物に漆を塗るという技術は、とても難しく、ごく限られた漆塗りの産地だけ! 福井の鯖江・河田地区は、その技術を持つ生産地です。3,4年前の出始めの時は、高価なクリスタルグラスでした。でも、今回の酒器は、クリスタルガラスではない感じ。そのため、価格もお手頃! 金と銀がありましたが銀の方にしました。右端の写真は日本酒を注いだ写真ですが、日本酒を注ぐと、内側の銀が綺麗に光り輝いて綺麗でした。

2021年11月 1日 (月)

庭木の剪定 2

 ロウバイを剪定していて、今年も花芽がたくさんついていました。Img_5386_r

 花芽を付けている枝をよく見ると、付いているのは、今年伸びた枝ではなく、昨年伸びた枝。今年伸びた枝には花芽はほとんど付いていませんでした。

 まだ葉がたくさん付いているので数えられませんが、葉が落ちたら、花芽の数を数えてみようと思います。来年の早春も、今年のようにたくさん花を咲かせて欲しいです。

庭木の剪定

 10月最後の週末、土曜日は刈込池に行っていたので、日曜は、午後、庭の手入れ……。今年の夏、高く伸びた庭木の枝を切りました。Img_5381_r  左端の写真が切った枝の山。目立つ枝は切りましたが、背の高いアメリカハナミズキ・キンモクセイ・イヌマキは、キンモクセイの花が終わったら、あともう少し枝打ちをするつもりです。ユスラウメとロウバイは、お互いに枝を伸ばしあっていた部分を切り、さっぱりしました。

 枝を切っていて、今年、キンモクセイの花がたくさんついたのは、雪吊りが原因かもと気がつきました。Img_5378_r 花が着いているところを見ると、木の回りよりも中心の方が花が多い! 左写真のキンモクセイは、あまりちがいがわかりませんが、右写真のギンモクセイは、周辺(写真 右側)よりも中心に花が多い!。縄をかけるとき、内側に枝を寄せてかけたからかもしれません。

 今年の冬も雪吊りをして、庭木を守りたいと思います。

2021年10月29日 (金)

冬の星座

 10月最後の金曜日(10/29)、何故か超早く目が覚めてしまいました……。

 で、外を見ると、とても綺麗な星空!Img_5366 カメラをセットするのが面倒だったので、iPhoneの星撮りくんで手持ち撮影しましたが、オリオン座の星雲まで写るとは思っていませんでした。

 今日一日、雲1つ無い空で晴れるといいなぁ。

2021年10月27日 (水)

満開になった

 昨日、今日の暖かさで庭のキンモクセイが満開になりました。Img_5363_r 満開になったので、枝を切って花瓶(この花瓶、元は梵の酒瓶…)などに生けてみました。

1つは玄関に、もう1つは書斎に置きました。近くによると、キンモクセイのいい香りが……。

2021年10月26日 (火)

キンモクセイに蕾がいっぱい!

 家に帰ってくると、庭のキンモクセイの香りが日ごとに強くなってきました。Img_5360_r FUDOUの家のキンモクセイは、例年、香りが弱いのですが、今年は香りが強い! 花を見ると、いつもより数が多い! 花が開いているのは、ごくわずかで、あと2,3日すると満開になりそうです。

 一方、ギンモクセイは、前回のエントリーに載せたように、花が少ないせいか香りがあまりしていません。ギンモクセイは、この秋の剪定を気をつけないと、来年、花が咲かないかも……。

道の駅 荒島の郷で・・・

 先週の16日(土)、刈込池を歩いてきました。その帰り道、道の駅「荒島の郷」に立ち寄りました。GWのオープンした当初は凄い人でしたが、5ヶ月も経つと人の数も減り、のんびりと店内を見てあることができました。

Img_5288_r

 店内を歩いていて見つけたのが、さわやかのラムネ版! 福井のご当地サイダー『さわやか』というと緑色というイメージですが、ラムネ版は、透明の「プレーン」と「いちご」、「ブルーハワイ」の3色。子どもの頃、駄菓子屋で飲んでいた『さわやか』を思い出し、3色とも買いました。

 家に帰ってから飲んでみると、『さわやか』よりも炭酸は弱め。飲みやすかったです。また、甘さもしつこくなく、美味しかったです。

 その後、店内の商品を見ながら、家へのお土産として九頭竜マイタケを購入。そして、最後はやっぱりお酒!!

 いろいろありましたが、真名鶴酒造のお酒を2本買いました。Img_5291_rワインのロゼならぬ、日本酒のロゼ「美雨 rose」と炭酸割り専用純米大吟醸「SUMMR goddess」の2本。

 美雨 roseはまだ飲んでいませんが、SUMMER goddessは炭酸で1:1に割って飲みました。面白いお酒です。炭酸で割らずに飲むと、酸味の強さが気になりますが、炭酸で割ると酸味の強さが弱くなり、酸味が弱まった分、お酒が持つうまさが出てきます。夏に飲む日本酒として、うってつけのお酒です。真名鶴酒造さん、面白いお酒を造りましたねぇ。

<あとがき>

 お酒にもよりますが、日本酒を炭酸で割るとストレートで飲むときとは違った味を楽しめるものがあります。FUDOUが試したお酒では、酸度が高く、味の濃い日本酒が向くようです。

2021年10月23日 (土)

梨のジャム

 少し前の話。

 お向かいさん(親戚が梨農家)から幸水をたくさんいただきました。で、久しぶりに梨ジャムを作りいました。

Img_4931_r

 まず、ソフトボールより2回りくらい大きい梨の皮をむき、ミキサーにかけられるようにカット。次に、ミキサーでピューレ状に。

 数年前に作ったときは、ピューレと別に5mm角のみじん切りにした梨も用意しましたが、カットがかなり手間なので、今回はなし。Img_4932_r


 雪平鍋で加熱。加熱を始めてから5分後くらいは、アクが出てくるので、そのアクをすくいながら、さらに加熱。

Img_4933_r


 20分くらい加熱すると、アクが出なくなってくるのでグラニュー糖を3回くらいに分けて投入。グラニュー糖が梨の甘みを越えないように味見をしながら入れます。Img_4934_r

 水分が飛ぶ量を見極めながらさらに15分くらい加熱。梨にはペクチンがないため、ジャム特有のとろみは出てきませんが、これで完成です。あとは、ジャム作りと併行して煮沸消毒していたジャム瓶に詰めて完成です。

 今回は全てピューレにしましたが、中に角切りの梨があると感触が変わるので、次回作るときは、やっぱり梨の角切りを入れてみようと思います。