カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月28日 (火)

ゲンジボタルの幼虫

Rp1010478

 19時30分から探し始めました。生き物相手なので、見つかる見つからないは「運しだい」。19時30分から30分間では、オスの幼虫が2匹しか見つかりませんでした。

 しかし、20時をまわったあたりから、ホタルの幼虫が出す光が次々と見つかりはじめ、20分間で4匹の幼虫を見つけることができました。(オス1匹とメス3匹)

Rp1010485

 見つかった幼虫は、職場で人工飼育しているホタルの飼育ケース内に入れました。潜り込むために用意した土が気に入れば、サナギになるために潜ってくれるはず。うまくいけば、約1ヶ月後には、成虫が出てくるでしょう。

 写真には6匹写っています。11時方向にある特大の幼虫がメスです。このサイズは、自然環境の中では、滅多にない大きさです。(普通サイズのメスは、特大サイズの幼虫のすぐ左にいる1匹と4時方向にある1匹です。)オスは、この3匹以外の物です。大きさの違いが分かると思います。

トワイライト

Rae6a1099_raw27日の夜19時10分頃に撮影。

 GWのあたりから、ホタルの幼虫がサナギになるために上陸してきます。そのホタルの幼虫を観察するため、ホタルが見られる場所で撮影しました。

 田植えのため、水が張られた田んぼに景色が綺麗に映り込みました。昼は何とも思わない田んぼですが、夜になっていく時間帯は、綺麗な色を見せてくれますね。(中央の落ち込んでいるところが九頭竜川になります。)

星撮り

 26日(日)の夜、仕事帰りに、SIGMA 18-300mmで星撮りのテストをしてみました。

越前甲と北天

Rae6a0969_raw時計を持っていなかったので、カンで120秒露光しました。(実際には130秒ちょいでした。)

高尾山と北東の天

Rae6a0972_raw

どちらの写真も月明かりがあったので、地上の様子もしっかり捉えることができました。

勝原の花桃

鷲が岳を降りた後、勝原の花桃へ移動しました。

 満開のピークを少し過ぎ、強めの風が吹くと、花びらがチラチラと散り始めていました。多分、29日くらいには花吹雪になるでしょう。

Rae6a1051_raw菜の花と花桃。絞り開放で撮影してます。F10くらいのコマもありますが、背景がハッキリするよりもこちらの方が好みです。新しく下普段使いのレンズ「SIGMA 18-300mm」、高倍率ズームレンズなのに、なかなかの描写力です。

 勝原駅には撮り鉄の方が数名いて、14時過ぎの九頭竜湖行きが出る時には、連写モードでパシャパシャ撮っていました。FUDOUは、花桃だけ撮りに来たのですが、花桃を撮って回っている最中に、いい感じになるかなぁ~と言う場所を見つけたので、14時45分発の福井行きの列車と花桃を合わせて撮ってみました。

縦モード

Rae6a1090_raw

トリミングした横モード

Rae6a1090_2raw

花桃と上弦の半月

Rae6a1092_raw

鷲ヶ岳

 27日(月)、仕事の振り替えで休みでした。で、勝山に来てまだ登っていない鷲ヶ岳に登ってきました。800m程の山ですが、その道はup-downがあり、おもしろい山でした。道の途中には、地元の「山い~んかい」が頂上までのプレートをいっぱい付けてくれているので、歩きやすかったです。

 いっぱい写真を撮りましたが、速報で流します。

Rae6a1036_raw タムシバと白山。狭いやせ尾根の登山道なので、白山をきれいに入れることができず、ちょっと残念!

Rae6a1040_raw_2カタクリ、中腹以上ではカタクリの花がいっぱい咲いていました。

2015年4月25日 (土)

野鳥の子育て

今年も職場の敷地内で、多くの野鳥が子育てをしています。

Rp1010285

ヒナが孵り、子育て真っ最中なのが、セグロセキレイ。(右写真、左が抱卵中のメス、右が生まれたばかりのヒナ4月17日撮影)

Rp1030072

1週間ほどで、こんなに大きくなりました。

Rp1010539

エサを運ぶ親鳥は、2羽とも大忙しです。

Rp1010554

この写真は、4月25日撮影したセキレイの雌です。

Rp1030071

24日(金)に巣の中に2個の卵があることを確認しました。

Rp1010581

 そして、25日の午前中、巣箱の中で、抱卵中のメスを確認しました。でも午後、スズメのつがいが執拗にセキレイの巣の回りを動き回り、隙あらば巣を乗っ取ろうとしていました。時々、巣の中を双眼鏡で観察していましたが、メスの動きが変でした。夕方、確認してみると、卵がない!!! 何が起きた? スズメが落とした? でも巣の深さは6cmで、回りは高くなっている。スズメの力では、卵を巣から出して落とすのは、かなり困難だと思うのですが・・・。

 午後からずっと、雌のセキレイがスズメから巣を守ろうと、必死になってスズメと戦っていました。

Rp1010593

Rp1010599オスは、いったいどこに?

卵がないのですが、メスは必死になって巣を守ろうとしているので、まだ産卵する卵を持っているということでしょうか? しばらく様子見です。

Rp1010542

Rp1010551

 これはツバメの巣。職場の周囲にツバメが数羽居着いていることは知っていましたが、いつ頃から巣を作っていたのか、全く気がつきませんでした。

Rp1030073

   

 卵があるのかぁと思い、デジカメで巣の中を撮影してみました。卵の産卵は、まだ少し先のようです。

 そのほかにも、スズメが換気扇フードの中で巣を作っているようです。

 どのつがいも、巣立ちまで行けるといいです。

花盛り

温かい日が続き、庭に咲いている花がいっぱいになってきました。

Rp1010533

家の前のシバザクラ。(上)

Rp1010534

庭の一角にある八重のヤマブキ。(中)

Rp1010536

花壇には、職場で拾ったコナラの芽が3.4つ出てきました。(下)

2015年4月22日 (水)

ゲンジボタルの幼虫

 職場で飼育を試みているゲンジボタルの幼虫、4月に入り、動きが活発になってきました。20日の夜に飼育している水槽内を見ると、大きな個体が、時折、尾部の発光器を光らせる様子を見ることができました。

Rp1010339

 そこで、ホタルがサナギになるために上陸してきてもいいように、写真のようなケースを作りました。左写真の手前にホタルの幼虫が入っているケースがあります。そのケースに壁に見立てた板を入れ、板を登り切ったところで、土が入っているケースに落ちるようにしてます。

 上がってくるところを記録できればと思い、webカメラも設置しました。

ホタルの幼虫は、湿り気の多い夜に陸に上がってくるので、左写真のケースを大きなケースに入れ、湿度を高くするために余分な水を入れました。うまく上がってきてくれるといいです。

2015年4月19日 (日)

鮎街道の桜

 鮎街道、朝は明るいのでよく見えますが、夜は街頭がある場所の近くしか見ません。桜が開花する時期だけでもライトアップしてくれると、楽しく走れそうだなぁ。でも、脇見運転で事故が増えるかも・・・

Rae6a0733 

Rae6a0734

Rae6a0735

Rae6a0736

これらは、鮎街道沿いにある駐車スペースのある場所で撮影しました。

遅い桜前線のおかけで・・・

 FUDOUの職場がある地域は、勝山の中でも桜の満開になるのが遅めの地域になります。そのため、弁天の桜が散り始めた頃から見頃を迎えます。

Rph27_3

堤防沿いある桜並木です。(3コマの合成)

Rae6a0788_raw

Rae6a0799_raw

 左の写真はその堤防の下流側で撮影しました。右の写真は上流側で撮影しました。直線距離にして1km程しか離れてませんが、開花の様子にこれだけ違いがあるので、開花が遅いということが分かると思います。

Rae6a0796_raw

その桜も今週半ばには散り始めるだろうと思います。

写真は、4月16日の朝に撮影

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報