カウンター

フォトアルバム

ブログ村

2017年6月18日 (日)

2017 勝山のホタルポイント

 勝山のホタル6月5日頃からで始めていました。__r_2 左は、鹿谷。右は、北郷の公民館前です。170606__r  北郷の下森川、6日(左)と8日(右)。8日は、気温が上がったため、かなり出てきました。170608_c_r  鹿谷の本郷、8日(左)と15日(右)です。15日は、8日よりも気温が上がったため、一気に数が増えました。

 本郷地区には、翌16日にも撮影に立ち寄りました。岩屋川の下見にも行きましたが、こちらはまだ出ていませんでした。18日に得た情報だと、九頭竜川の立川地区の辺りも数が増え始めたそうです。う~ん、ちょっと撮影によって見ようかな。

おぉぉ~~、ビックリ!

Dscf3103 職場で育てていたわけではありませんが、偶然にも育てていました。ノシメトンボ?、アキアカネ?、ナツアカネ?かは分かりませんが、赤トンボのヤゴです。

 4月、ミジンコなどの小動物が出てこないかなぁと職場の近くの田んぼで泥水を採取。1週間ほどしてからミジンコが少しずつ出始め、一時期は50匹ほどになりました。

 しかし、その後、減り始め、0になりました。そして、写真のようなヤゴが1匹だけ残りました。体長は1.5cmほどでした。ここまで大きくなると、イトミミズなどを食べるものと思っていましたが、ミジンコも食べているんですね。

 ヤゴの存在にもっと早く気がついていれば、観察できたかもしれませんね。残念!ちなみに、このヤゴはちゃんと田んぼに逃がしてやりました。田んぼの水の中の生き物をしっかり食べ、6月下旬頃から7月初め頃には、トンボとして羽化してくれることでしょう。

法恩寺林道

法恩寺山から下りてきた後、法恩寺林道を大野へ抜けてみました。Rph170605_1  大野市を一望できる展望台。この場所に行くまでが少し遠いですが、この場所からだと、街の明かり&星の明かりを入れた星景写真が撮れそうですね。ゆっくり出来る時間があれば、星撮りに来てみようかなぁ~。

弁ヶ滝Ae6a4766_raw_r 御堂(のどう)乃滝Rph170605_2 釣鐘岩Rae6a4771_raw それぞれの説明は、勝山市のジオパーク関係のサイトをご覧ください。

Ae6a4811_r

 帰り道、道の真ん中に横たわる黒い物体を発見。始めはイノシシと思いましたが、よく見ると、カモシカでした。かなり綺麗に食べられていました。あまり腐卵臭はしなかったので、事故死後、そんなに時間は経っていないように思います。この周りには、トビが数羽集まっていました。

ホオノキの花Rae6a4813_rawかなり大きい花が咲きます。

法恩寺山

6月5日、2017年の初山歩きに法恩寺山へ。Ae6a4693_raw_r ブナなどの新緑が綺麗でした。Ae6a4694_raw_r 若いホオノキ。Ae6a4707_raw_r イリュージョンサイトゲレンデからの眺め。Ae6a4711_raw_r 若いブナの木。Ae6a4722_raw_r 法恩寺山頂からの眺め。白山に雲が少しかかっていたのが残念でした。Ae6a4723_r

 山頂でのんびりしていると、県の防災ヘリが岐阜県方向へ飛んでいきました。定期パトロールでしょうか、それとも、レスキュー出動?

 しばらく休んだ後で、法恩寺山頂から白山伏拝へ移動しました。初めて法恩寺山に上った12年前(?)は、地元の森林組合と勝山市との間でトラブルがあり、登山道が意図的に閉鎖されていましたが、現在は、その問題も解決され、歩くことが出来ました。その途中、思いがけず、Ae6a4727_r ニッコウキスゲを数株見つけました。

R0001

 下山中、登山道脇の水たまりで見つけた卵塊。サンショウウオの卵塊です。調べてみると、サンショウウオの卵塊は、チューブ状やバナナ状が多いようですが、これは、丸く、白っぽい。クロサンショウウオによく見られるそうです。元版の写真を見ると、卵塊の中でサンショウウオの幼生が写っていました。Rae6a4736_raw ヒョウモンチョウの仲間(左)とギフチョウ(右)。ヒョウモンチョウは山でよく見かけますが、この時期にギフチョウを見るとは、思ってもいませんでした。登山道の周辺で3匹ほど見かけたので、どこかにカンアオイ類の植物があり、卵を産む場所を探していたようです。

法恩寺山で見かけた花たちAe6a4776_raw_r

Rae6a4745_raw 2

2017年6月 4日 (日)

ユスラウメ収穫

 先月の28日、庭のユスラウメが色づき始めました。そして、1週間が経ち、かなりのみが赤くなっていました。P5282195_r  早速、収穫。P6042201_r  収穫していると、ユスラウメの実にクルクル丸まった物を発見。葉をのけて、その正体を探すと、体長が8cmのヤモリでした。ヤモリの鳴き声は初めて聞きました。ヤモリは夜行性のため、日中は隠れるようにしてジッとしているんですね。

 探しているときに、体に触れたのが気に入らなかったのか、「キュ~~」という鳴き声で怒っていました。

P5282197_r

 ジャムにするため、虫除けのため木酢液しか噴霧しないので、ユスラウメの葉のあちらこちらには、テントウムシのサナギがいっぱい有りました。

P6042206_r

 約400g、収穫できました。まだ熟していない実も有ったので、最終的には500gほど採れそうです。(種を含む)

2017年5月28日 (日)

初夏の兆し

 日当たりの良い場所では、タニウツギの花がいっぱい咲き出しました。Rimg_1767_raw 5月19日に撮影。山になかなか行けないので、山で見る花を見ると嬉しくなります。

出張から職場に戻る途中で撮影した残雪を抱く白山。Rimg_1769_raw 小舟渡の九頭竜川より。Rimg_1773_raw 堀名中清水より。

残照

 5月19日、いつもより1時間半ほど早く職場を出ました。ちょうど田植えが終わった水田が広がる場所で日が落ちた後の残照を撮影してから家へ帰りました。Ae6a4421_raw_r 19時20分頃撮影。Ae6a4482_raw_r 19時33分頃撮影。Ae6a4489_raw_r 19時46分撮影。

 西側に雲が伸びてきたのは残念ですが、空の色の変化をしっかり楽しむことが出来ました。でも、撮影した場所は風が止むことが無く、とても寒かったです。

2017年5月27日 (土)

イワツバメの巣 2

170527152302_r 水曜日から3日後のイワツバメの巣の様子です。左の写真の巣の方は、イワツバメがよく出入りしているため、かなり出来てきました。右の写真の巣の方は、完成までまだまだかかりそうです。早く作らないとスズメに乗っ取られる危険性が高くなるのにな~できることなら、右の写真の巣の方が、webカメラを設置するのに便利なんだけどなぁ・・・。

イワツバメの巣

今年も職場の外壁でイワツバメのつがいが2組、巣作りを始めました。P1030138_r 昨年は、建物の反対側の壁に巣作りを行いましたが、全てスズメに乗っ取られたり、壊されたりしました。今年はスズメに邪魔をされずに卵を産み雛をかえして欲しいなと思います。

イワツバメと普通のツバメの見分け方は、顔と腰、そして、尾羽の先です。P1030145_r 右の写真と上の写真を見比べてみると分かりますが、イワツバメは顔が白く、普通のツバメは顔が赤いです。また、イワツバメは、腰の部分が白く、尾羽から左右に延びる細い羽が短いです。

 ヒナが無事に孵ったら、webカメラを設置して、子育ての動画記録をしてみようと思います。

2017年5月23日 (火)

星撮り2

先週の金曜日の夜に撮影した写真の続編です。Rae6a4552_raw28時半頃から撮影を始めましたが、天の川が上がってくるのをずっと待っていました。

Rae6a4556_raw2天の川が山に沿う形で流れ、夏の大三角形を形作るはくちょう座のデネブ、こと座のベガ、わし座のアルタイル、そして、稲を植えたばかりの田んぼの緑を取ることができました。写らないだろうなぁと思っていた白山もそのシルエットだけ映っていました。左端、目に見えないほどの明るさで、かなり長い流れ星が流れていました。

Rae6a4570_raw2 ポタ赤のセッティングが面倒だったのですが、これだけ綺麗に見えていたので、ポタ赤で撮影した写真を合成すると、天の川がもっとハッキリ出たでしょうね~。

Rae6a4573_raw 22時過ぎまで撮影していたので、撮影を終わる頃には、さそり座が高く上がっていたました。さそり座方向は、銀河系の中心になるため、天の川が一番明るくなります。夜空がスッキリしていて、かつ、翌日が休みの時には、もっと暗い場所で、ポタ赤を使って星野写真を撮りたいと思います。

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報