カウンター

フォトアルバム

ブログ村

2018年6月16日 (土)

2018 勝山のホタル

 勝山のゲンジボタル、今年は5月27日頃から飛び始めました。例年より3日ほど早かったです。6月4日(月)、仕事が休みだったので、下見をかねて出かけると、いくつかのポイントでは出現数の最大までもう少しという状態でした。

鹿谷 杉俣(20秒×10コマをPCで多重処理加工)180604_1_r

鹿谷 本郷(20秒×10コマをPCで多重処理加工)180604_2_r  この場所で撮影中、背後でイノシシの鳴き声・・・。5m程の距離がありましたが、ヒヤリとしました。

9日(土)の夜、20時前に家を出て勝山に向かい、ボタルポイントを回りました。

北郷 森川(20秒×10コマをPCで多重処理加工) 20時半過ぎに撮影。180609__r

鹿谷 杉俣(20秒×10コマをPCで多重処理加工)20時45分頃に撮影。180609__3_r 南の空にある星の軌跡、中央はさそり座です。

鹿谷 本郷(20秒×10コマをPCで多重処理加工)180609__r_2 撮影したのが21時過ぎ。ホタルが一休みに入る頃だったので、ホタルの数は少なかったです。4日と同じ場所で撮影してます。写真を比べてもらうと分かりますが、中部縦貫道路の高架の照明灯が消されています。でも、ホタルが出てきてから照明灯を落としても・・・。

それと、今回もイノシシとニアミス。何と、橋のたもとから鳴き声。心臓が止まりました。

 14日(木)、岩屋川(北郷 上野)のポイントへ下見。予想をしていましたが、岩屋川のポイントもホタルの出現が例年より早い!!20秒露光でこれだけ写りました。180614 20秒×10コマでインターバル撮影すると、

180614__r おぉ~~、出現数のピークまで2,3日くらい。今年のホタル、川にも出るし、川岸にある杉の木にも出る。例年にはない出方でした。

 15日(金)、仕事を早く切り上げることが出来たので、岩屋川のポイントで20時位から撮影していました。

この日は寒かったのですが、14日はあまり出ていなかった上流側で多くの数が出ました。180615_1_r (20秒×8コマ,30秒×4コマをPCで多重処理加工

とても元気よく飛び交っていました。もう少し上流に行くと良いポイントがあるのですが、長靴ではなかったので、橋の近くから撮影。

上流側を撮影していると、20時半前くらいから下流側もいい感じに。180615_2_r20秒×12コマをPCで多重処理加工180615_3_r 20秒×13コマをPCで多重処理加工

 この日は、24mmだけで撮影していたので、帰る前は、望遠でホタルが多く集まっているところを撮影(30秒×3コマをPCで多重処理加工)しました。180615_4_r 15日も、元気に飛び交い、杉の木にもたくさん出てくれました。

 このあと、帰るつもりでしたが、ヒメボタルのポイントを下見。すると、2,3匹ですが居ました!!180615_ ヒメボタルも出るのが早い。例年より、1週間は早い感じ。

180615_3 ヒメボタルを撮影するため、昨年末に三脚を新しく購入したので、今年の撮影が楽しみです。

2018年6月10日 (日)

ハラビロトンボ

お昼頃、FUDOUの家の庭にハラビロトンボのメスがやって来ました。P1030055_r まさか、福井の街中でハラビロトンボが見られるとは思いませんでした。

玄関先に咲くラベンダーP1030058_r 満開になりました。

コチドリの巣立ち

 2週間ほど前から、職場の周辺で見かけていた野鳥。地面を素早く駆け回っていたので、セキレイと思っていました。しかし、色が茶色い。調べてみるとコチドリという小型のチドリでした。チドリは水辺というイメージですが、小さい虫が捕れる場所で、小石が多くあるような場所ならば、どこでも巣を作るようです。

 7日の朝、いつものように職場の駐車スペースに車を止めると、小石を敷き詰めてある場所でモゾモゾと動くものがあるので、カメラで撮影。P1020771_r 親鳥の胸元で茶色い丸いもの、雛でした。朝は寒いので、親鳥が温めていたようです。

ちかづいてみると、P1020778_r  生まれてから少し経った雛が2羽と殻を破ろうとしている雛が1羽。雛を温めていた親鳥は、巣から少し離れたところで、こちらを見ながら傷ついて飛べないフリをしていました。子を守ろうとする親の必死さが伝わります。

P1080961_r  撮影してから約2時間後、先に生まれた雛は少し動けるようになり、巣から少し離れた所に移動できるようになっていました。

P1020852_b_r  朝の間は、親鳥が周囲を警戒しながら、雛を温めていました。お昼頃になると、速く巣立ちした雛も歩く力が付いたのか、親鳥の後を追っかけていました。

P1030051_b_r

2018年5月13日 (日)

2018 新緑

5月5日、新緑を求めて岩屋林道へ。3x2a1995_raw_r 小さな沢にはセリの花がいっぱい咲いていました。3x2a2001_raew_r 左は、岩屋のキャンプ場近くの岩屋川。右は、岩屋の夫婦杉。3x2a1998_raw_r 春の花もいっぱい咲いていました。左は、ズミの花。右は、ウワミズサクラ。3x2a2009_raw_r 左は、アケビの花。中は、ニリンソウ。右は、エンレイソウ。3x2a2030_raw_r_2 新緑のヤマモミジ。3x2a2032_raw_r 砂防ダム。

 この後、白山が綺麗だったので、鹿谷保田へ。3x2a2034_raw_r 黄砂も少なめで、スッキリした白山! 田んぼの中の道を走っていると、3x2a2035_raw_r 畦にキンポウゲがいっぱい咲いている所を見つけました。春ならではの白山です。

田植え準備と白山

 GWが始まった4月29日の夕方、勝山から帰る途中、白山のビューポイントに。Ph300429___2_r 田んぼに水を入れ、田植え準備をしている水田が増えていました。そのまま帰るのがもったいなかったので、しばらく撮影していました。Ae6a8558_raw_r 白山が水面に映らないかなぁと撮影。Ae6a8562_raw_r 大麦と白山。Ae6a8580_raw_r 経ヶ岳の南岳から満月1歩手前の月が上がってきました。Ae6a8591_raw_r この日は風がなかなか止まず、水を張った田んぼに白山が綺麗に写り込むことはありませんでした。残念・・・。Ae6a8592_raw_r 夕日の残照を写した田んぼが綺麗でした。

2018年5月 6日 (日)

2018 鮎街道の桜

 4月上旬、鮎街道の桜が満開になったとき、出勤前に撮影しました。

3x2a1983_raw_r

今年は、大雪の影響で枝が折れた桜もありましたが、見事な咲きぶりでした。

イワツバメ 3

 GWが始まる4月末、完成した巣ができてきました。Img_2207_r完成した巣ですが、持ち主がいない巣もあれば、確り見張っている巣もあります。これは、巣を乗っ取ろうとするスズメを追っ払うため。スズメは、自分で巣を作らず、他の鳥の巣を横取りしたり、壁や屋根のすき間に枯れ草を詰めて卵を産み、子育てをします。

Img_2212_r  これは、イワツバメも同じ。未だに巣を作れずにいるイワツバメは、他のイワツバメの巣の偵察に来て、チャンスがあれば、横取りしようとします。真ん中の写真では、巣の持ち主のイワツバメとにらみ合っています。

2018 弁天の夜桜

 GW、ほぼ毎日、職場で仕事でした。でも、GW最終日は、何とか仕事をOFFにすることができそう。職場の上司が山を歩きたいというので、気分転換を兼ねてエスコートです。

 4月5日の勝山弁天桜。3x2a1909_raw_r  撮影したのは、18時半頃。夜桜は、この時間帯が一番好きです。ビデオ撮影用のLEDライトを持って行き、手前の桜の花を部分的にライトアップしています。

3x2a1920_r  19時過ぎに撮影。左上は、ピントが合っている写真。右上は、わざとピントをずらした写真。したは、2枚の写真を多重合成しました。今回は、三脚を使用しているので、綺麗に合成できました。

 帰ろうと思っていたら、勝山橋をバックに咲く桜の花が目に止まり、さらに30分間撮影。3x2a1958_raw_r いろいろ試して、一番ましな写真。この日は風が止まらず、数秒間の露光が精一杯でした。

2018年4月30日 (月)

やっと休み・・・

GW前半、ようやく休みです・・・。3月末からの1ヶ月、忙しかった、いや、大変だった・・・。

桜の時期はとうに終わっていますが、4月中に撮影していた写真を。

 4月2日の夜、グリーンセンターの夜桜を見に行った帰り、五松橋近くの桜はどうかなぁ~と立ち寄ると、満開でした。この時は、車に積んでいたと思っていた三脚がなく、思うような写真が撮れなかったので、翌日、再チャレンジ。3x2a1717_raw_r ビデオ撮影用のLEDライトを当て、桜の花が綺麗に映る場所を確認し、あとは、カメラのセルス撮影モードで連続撮影。01_450_r 15秒×30コマを合成しました。上手く行ったと思ったら、北斗七星の全体が入っていないので、構図を変えて再チャレンジ。02_255_r 今度は、上手く入りました。15秒×17コマの合成。次は、西側を撮影。

04_420_r 15秒×28コマの合成。大和田方面の明るさが邪魔ですが、冬の六星座が西に沈むところを撮影することができました。

2018年4月28日 (土)

イワツバメ2

 雨上がりの木曜日の朝のイワツバメたち。水を含んだ軟らかい土をせっせと集め、巣に運んでいました。

Ae6a8510_raw_r

Ae6a8519_raw_r古い巣を利用しているツバメのつがいは、ほぼ完成していました。

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報