カウンター

フォトアルバム

ブログ村

2021年6月19日 (土)

ホタルを撮影した帰りに -3-

-2-のつづき

 しかし、昨晩(6/18)、お会いした男性は実に気持ちのよい方で、人が歩いて踏みめられた部分とその周りに落ちているゴミを見て、「これではホタルのためにならない」とバッサリ! そして、この方は、ホタルのことを考えて撮影しないカメラマンを見かけると、注意しているとか。

 FUDOUと同じ感覚を持つ方に出会えて、つい嬉しくなって、、、勝山のホタルの素晴らしさを見て欲しかったので、近くのホタルポイントや他の地域のホタルポイントではあまり見られない見所などの情報を提供しました。

 FUDOUの考えを押しつける気は決してありませんが、自然の生き物を相手に写真を撮るカメラマンは、生き物の生態等への気配りをして欲しいと思います。

<あとがき-1->

 いろいろ話をしていると、グリーンセンターに野鳥を撮りに行かれている方でした。FUDOUもたまに散歩を兼ねて野鳥を撮りに行くので、きっとどこかでお見かけしているハズ。世間は狭いものですね。

<あとがき-2->

 前日の17日 金曜日、同じ場所で40歳代くらいのカメラマンと会いました。昨年、FUDOUはこの方ともお会いしていて、FUDOUが前述した80代カメラマンとのやりとりを覚えていて、ホタルの生息地には入らず、カメラの前に来てくれないかなぁと粘り強く撮影されていました。

 

ホタルを撮影した帰りに -1- 

 6/18は週末に向けて天気が崩れていく状態で、普通なら夜の撮影は取りやめという流れですが、気象衛星の雲画像や3時間前からの雨雲の動きを見て、雨が降り出すまで2時間半くらいは時間があるだろうと判断。また、半月から満月に近づく月も雲に隠れ、いい条件がそろう!!!

 ならばと、雨が降り出すまでホタル撮影をしようと職場を18時過ぎに出ました。19時40分から撮影を始め、20時30分すぎから霧雨のような雨が顔に当たり出しましたが、カメラの防滴機能を信じてもう少し粘り、雨粒を感じるようになった頃、撮影を切り上げました。

 車の中で撮影したコマを確認していたら、小雨が降ってきた中、1台の車がホタルを見にやってきました。どちらから見に来られたのか聞いてみると、FUDOUと同じく福井市の方で、グリーンセンターで咲いている月下美人を見に行った帰りの方々(2人)でした。

 勝山のホタルを見るために、『福井市』から足を運んでくれる! これは、勝山の自然が魅力的という証拠(^o^)! このことを地元『勝山』の方に認識して欲しいですね。(ちなみに、FUDOUは勝山に職場があるので、仕事後のホタル撮影は、帰り道途中で寄り道をする感覚です。職場で「とりあえず、(職場を)出ます!」って言ってスタッフルームを出ると、「気をつけて」という返事が返ってきます。笑…)

 さて、話がそれてしまいましたが、雨の中、ホタルを見に来られた方々と話をしていて、久しぶりに気持ちがよくなりました。この2人も写真を撮られている方で、男性は、とてもしっかりした撮影マナーをお持ちでした。

つづく……

ホタルを撮影した帰りに -2-

-1-のつづき……

 時々、撮り鉄のマナーの悪さがニュースなどに取り上げられます。ホンの一部の撮り鉄のマナーの悪さで、マナーを守っている多くの撮り鉄や地元の方が迷惑しているというお決まりの流れでニュースがまとめられています。

 この撮影マナーの悪さ、何も撮り鉄に限ったことではなく、アマチュアカメラマンの中にいっぱいいます。特にマナーが悪いのは、セミプロ気取りの年配のカメラマン!

 昨年、ホタルを撮っていて、ある80代男性を落ち着いた声で注意したら、「そんなこと分かっている! 今いる場所にはホタルがいないことを確認して入っている!」と怒鳴り返されました。

 また、別のある年配男性は、「ここは俺が見つけた場所だから、誰にも教えるな!」と、一緒に同行した人たちに対してマウントを取る発言をしていました。

  → この撮影ポイントは、10年ほど前、FUDOUの知り合いの方が見つけた場所。

 何年か前は、地元の自然の豊かさを知るためのホタル観察会に参加している子ども達に「うるさい!」と怒鳴りつける年配のアマチュアカメラマンを見かけました。

 ホタルを見られる場所は、写真を撮る人たちのためにあるのでしょうか?

   → みんなのもので、特に、地元の方達のものです。ホタルが出る時期は草刈りをしています。

 写真を撮るためなら、組合が管理している区域に入ってもよいのでしょうか?

   → 火事でも起こしたら、不法侵入に問われることもあります。

 写真を撮ることは上手ですが、ホタルのことを考えて撮影しているのでしょうか?

   → 多くの人が歩いた場所は、地面が締まり生き物が棲めなくなります。人間が考えている以上に自然はデリケート。

 静かに撮影したいのでホタルを見て喜んでいる地元の子どもを怒ってもいいのでしょうか?

   → 子どもは純粋に喜んでいるだけ。喜ぶ=騒ぐというのは、大人の価値観。

 こういう輩は、撮り鉄のマナーに関するニュースを見ても、他人事としてスルーしているんでしょうね。FUDOUの価値観からすると、一部の撮り鉄と何か違いがあるようには見えません。

つづく…

 

勝山のホタル 2021 -Part 3-

Img_1913_raw_r

 6月7日、仕事が終わった後、鹿谷川のゲンジボタルを撮りに行きました。2日に下見した時は、今年は裏年かもなぁ~~と心配する数でした。でもまぁどうして、、、今年もまずまずの見応えになる出現数になっていました。30秒でこれだけ写れば◎です。

 この日は、ホタルの光跡と近くを通る中部縦貫道を走る車の光がいい感じに重なる場所を探して、30秒のコマを多数撮影。607a__240sec_r PCでの多重撮影処理、240秒の光跡です。回りは田んぼだらけの場所のため、ホタル光跡がハッキリ出ます。これだけ飛び交うとホタルの高速道路ですねぇ。607c__120sec_r  少し場所を変え、上の写真でホタルが密集していた部分に近づいて撮影しました。ホタルが光り出してから30分ほど経過した時間だったので、一休みに入ったゲンジボタルが多く集まっていました。

 撮影を切り上げ、車に戻ろうと歩いていたら、空全体にかかっていた薄雲が晴れ、星が綺麗に出ていました。で、つい足を止めて撮影……、607d2__180sec_r 21時を過ぎていたので、多くのゲンジボタルが一休み。写真は、PCで処理して180秒換算です。607d1__60sec_r

2021年6月13日 (日)

多重撮影処理 PC処理とカメラ内処理

 EOS5D Mk4には、カメラ内で多重処理する機能がついています。 3年くらい前にカメラ内多重処理を使って撮影したことはありましたが、たくさんのコマを重ねると処理時間がかかり、カメラに負担がかかることが分かったので、PCで多重処理をしていました。

 今回、長居して撮影するつもりはなかったので、6月2日の撮影で久しぶりに使ってみました。602b__120sec_r_3

602d__120sec_r_2  処理している秒数は違いますが、見比べるとPCで処理してもカメラ内で処理しても大きく差異はないような感じがします。ただ、PC処理だとベースとなるコマの画像を修正できるので、好みの写真に仕上げられるように思います。カメラ内多重処理撮影の機能は、その場で出来を確認したい撮影には便利な機能かも知れませんね。

勝山のホタル 2021 -Part 2-

勝山のホタル 2021 -Part 1- からの続き。

北西俣川から鹿谷川のホタルポイントに着いたときは、20時半をまわっていました。602__120sec_r 120秒の多重処理です。

 ホタルの数は時間が遅かったため、飛んでいる数は少なめでした。でも、鹿谷川は、ゲンジボタルが多く出る川なので、20時半をまわっていても、もう少し飛んでいてもいいはず。今年は少ない年にあたったか……。この後、福井に帰りました。

勝山のホタル 2021 -Part 1-

 勝山のホタル、例年より1週間早く飛び始めました。

 6月2日の夜、今年のゲンジボタルの下見を兼ねて、北西俣川のホタルポイントへ行きました。
3x2a6102_3ec_r
 20時過ぎの様子。暗くなるにつれて、出てくるゲンジボタルの数も増えてきました。3x2a6148_20sec_r  20時20分を過ぎるとまずまずの数。

 時系列で多重処理した写真を並べます。602a__60sec_r20時過ぎ、60秒。602b__120sec_r_2 20時10分頃、120秒。602c__240sec_r 20時15分頃、240秒。602d__120sec_r 20時20分頃、120秒。602e__120sec_r20時25分頃、120秒。

 2日の北西俣川の様子から、4日(金)の雨と5~6日の天気次第でたくさん出るかどうかが決まるだろうと予測し、鹿谷川のホタルポイントへ移動しました。

心配していたパプリカ・・・

 パプリカの芽、1週間くらいという目安をこえ、10日後にようやく芽が出ました。Img_4172_r_2 6月9日の夜、土がほんのちょっと持ち上がり、翌日の朝、小さい芽が顔を見せました。その後、ちょっとずつ大きくなってきました。2個の種のうち、1つだけ芽が出ました。ピーマンの仲間の成長は遅いですねぇ。無事に大きくなって欲しいです。

大豆の芽が出た

 大豆は種を撒いてから4日後に芽が出ました。Img_4114_r 順調に大きくなっていきました。Img_4158_r

Img_4187_r


 6月12日、間引いた後、付属の固形肥料をまき、倒れないように支柱を立てました。約2ヶ月半後には、枝豆がとれるハズ。虫が付かないようにしないといけないなぁ。

 大豆は順調に大きくなってきましたが、パプリカの芽が出ない。1週間くらいで芽が出るとあるのですが、気温が低いせい?

枝豆とパプリカの栽培セット

 GWに購入した枝豆とパプリカの栽培セット、5月30日に種まきをしました。P1010237_r  土の袋に決められた水を2回に分けて注ぎ、十分に水が行き渡ったところで麻袋に入れ、栽培用土の準備完了。P1010235_r  その土に、パプリカ(中写真)と大豆(右写真)の種を蒔き、土をかぶせて完了!P1010243_r


 早く芽が出るよう室内の窓際に置きました。