カウンター

フォトアルバム

ブログ村

2017年10月15日 (日)

紅葉の山歩き 2

速報版の続き。

 パノラマ合成した写真をupします。上から朝7時台の上り始めで、最後は三方岩岳から下りる途中、正午前です。

Ph291008__01_r

Ph291008__03_r9時台。三方岩岳の頂上付近からみた雲海。 朝よりも雲海の上部がうねってきました。

Ph291008__07_r白い幹はダケカンバ。11時台。雲海も所々 切れ始めました。

2017年10月10日 (火)

紅葉の山歩き -速報-

 8日、紅葉の中で山歩きをしたいと思い、久しぶりに白山白川郷ホワイトロードへ。家を出たのは、朝4時半。中宮の料金所には6時過ぎに到着。一番乗りでした。この日は、10分早く6時50分にゲートを開けてくれて、7時過ぎには、頂上の三方岩駐車場に到着。そして、とても幸運な光景に遭遇しました。

 岐阜県側に鏡のような雲海が一面に広がっていました。Ae6a6199_raw_r こんな見事な雲海は、この白山白川郷ホワイトロードで初めてです。そして、写真を撮っていると、HAB(北陸朝日放送)の取材を受けました。映像が流れるかどうかは??。明日の水曜の午後2時台の番組内の特集コーナーで流れるそうです。

 この景色をしばらく楽しんだ後、三方岩岳に上り、そこから、野谷荘司山に向かう途中にある、飛田岩という三方岩岳を構成する大きな岩塊を一望できるポイントへ移動しました。Ae6a6261_raw_r やっぱりこの飛田岩の周辺で見られる紅葉は見事です。ちょうど紅葉も最盛期! 来て良かったです。この場所で20分近くのんびりと景色を見ていました。

今場所に行く途中の尾根道で、真っ赤なヤマツツジの紅葉があり、白山といい感じに重なっている場所を見つけたので、白山と紅葉をコラボ。

Ae6a6273_raw_r 以前、多分8年位前に来たときは、背丈も低かったので気にもとめなかった場所でしたが、今は十分に大きくなったので、秋らしい1枚を撮ることができました。

たくさん写真を撮ってきたので、ボチボチと整理してupしようと思います。

2017年10月 1日 (日)

秋の星空

 先週の木曜、職場の飲み会の帰り、雲がない星空。ちょっと寄り道し、久しぶりに星撮りをして帰りました。(22時半頃に撮影)

Ae6a6186_raw_r

Ae6a6186_raw_r_2

 東の空から、冬の星座がのぼり始めていました。ぎょしゃ座の1等星カペラとおうし座の1等星アルデバランとプレアデス星団。30日の福井新聞で六呂師高原が出ていましたが、勝山は邪魔になる光がないので、六呂師高原に負けない位の星を見ることができます。

Ae6a6187_raw_r

Ae6a6187_raw_r_3

 カシオペア座からはくちょう座を流れる天の川を撮影。月齢8の月が出ていたので、天の川はハッキリしませんでした。でもぼんやりと撮ることができました。

Ae6a6189_raw_r

Ae6a6189_raw_r_2

 西の空には、夏の星座。9月下旬から10月半ばくらいまでは、一晩で夏、秋、冬の星座を見られる季節。星の観望には良い季節になったなぁ~。

 

2017年9月17日 (日)

小舟渡 1

台風18号が接近中。夜22時過ぎになってようやく雨と風。台風が接近してきましたね。

Img_1792_raw_r_2

 この3連休、ちょっと余裕がある(?)ので、夏に撮った写真をせっせと整理中。

 7月28日の夕方、小舟渡近くを通ると複数の水鳥が集まっていました。

Img_1788_raw_r_2 アオサギ。この鳥は、日中でも魚を捕まえて食べてます。

Img_1817_raw_r ゴイサギ。この鳥は、夕方から活動を始めます。そのため、日中見かけることは少ないです。

Img_1807_raw_r

キセキレイ。セキレイの中でも、特に水辺が好きな鳥です。流れが速い堰堤の上で、川虫を狙っていたようでした。

2017年9月 2日 (土)

白山一里野スキー場 虹編

 8月26日、北陸地方では、一日中好天に恵まれ、とても綺麗な夕日を見ることができました。で、21日に撮影に出かけた一里野スキー場にもう一度出かけました。3x2a1262_raw_r_2 まずは、夕日。左側は同じ写真のホワイトバランスを変えてRAW現像してみました。

 21日に撮影に出かけた一里野スキー場にもう一度出かけたのは、仕事である映像を使いたかったから。まずは、普通に撮影するとこんな感じ。3x2a1281_r_3 でも、これでは、撮りたいイメージにならないので、いろいろと試みてみました。

3x2a1267_r_2

数秒の露光時間のなかで、ピントを合わせてから外してみたり(左)、近距離側から望遠側にフォーカスリングを回してみたり(右)。

3x2a1272_r_2 ピントを合わせてからズームリングを動かしてみたり。

3x2a1289_r_2 わざとピントをずらして撮影してみたり。

でも、思っているような「虹」のイメージにならない。後日、PCでろいろな写真を合成してみました。1_r いろいろ試作してみて、次のようになりました。

3_r この写真の中心部分をトリミングし、さらに、サイズを変更してみました。

Photoこれだと何とか「虹」らしく見えるかな?

おまけ。170826_r やっぱり星撮りもしてみました。26日は、土曜日だったので、一里野スキー場周辺のお店が開いていて、人もいっぱい来ていました。西から雲が流れてこなければ、ずっと撮影をしていたかったです。

2017年8月26日 (土)

白山一里野スキー場 星撮り編

 白山一里野スキー場のLEDライトアップ、1時間半近くいたので、LEDの色の変化を見ることができました。Ae6a5819_raw_r  小さいコンピュータでLEDの色をコントロールしているのですが、それを4万個。準備は大変だったでしょうね。

では、パソコンで処理した星の光跡です。

1300_1_r センターゲレンデの近くから撮影。星の動きを見ると、南西方向です。手前にオレンジの網があり、そこでは、ヤギ?が数頭 放されていました。

1300_2_r 場所を少し変えて撮影。南東方向です。

1300_3_r 上の写真から少し移動し、南方向です。

1300_4_rメインロッジの入り口前から撮影しました。

Ae6a5873_raw_r 雲がなかなか切れなかったのですが、久しぶりにきれいな星空を見ることができました。雲に隠れながらも天の川とさそり座の頭が出ていました。

Ae6a5862b_raw_r

2017年8月22日 (火)

白山一里野スキー場

 白山開山1300年の今年、福井&石川の両県では、様々なイベントが行われています。8月の上旬、torasaitoさんのblogで一里野スキー場でのLEDライトアップのことを知ったので、21日の夜、撮影に出かけました。

 勝山の職場を18時前に出て、約50分ほどで到着。Ae6a5796_r 現地に着いたときは、丁度、虹でした。

10分ほどすると色が変わり始め、Ae6a5801_r水色に。これは、手取川の流れを表しているそうです。この色の変化は、LEDを小さな制御回路で30分おきに変化させていました。だんだんと雲が薄くなってきそうだったので、星と虹を撮ろうと思い、2回目の虹まで待っていました。Ae6a5852_r 何とか、星を入れて撮影することができました。RAWデータを現像した写真ではないので、星がハッキリしない。後日、RAWデータから画像処理したいと思います。24日の夜も晴れそうなので、もう一度足を運びたいと思います。

2017年8月15日 (火)

2017 白山 4

 前回の2017 白山 3では、初見や久しぶりに見た高山植物を紹介しました。今回は、白山でよく見る高山植物です。

_r  左から、アオノツガザクラ、イブキトラノオ、イワイチョウ

_r_2  左から、イワオトギリ、イワギキョウ、イワハゼ(実)

_r_3  左から、ウラジロナナカマド、エゾシオガマ、エンレイソウ(実)

_r_4  左から、オオウバユリ、オオレインジンソウ(手前の白い花)、オタカラコウ。

_r_5  左から、オニシモツケ、見た目は草のように見えますが木です。カラマツソウの花と実。

_r_6  左から、カンチコウゾリナ、キヌガサソウ、クガイソウ。

_r_7  左から、クサボタン、クルマユリ、クロマメノキ。

_r_8  左から、クロユリ、コイワカガミ、ゴゼンタチバナ。

_r_9  左から、コバイケイソウ、サンカヨウ、シナノキンバイ。

_r_10  左から、シモツケ、シモツケソウ、シラタマノキ。左の2つ、よく似ていますが、シモツケは木、シモツケソウは草です。

_r_11  左から、センジュガンピ、タカネナデシコ、タカネナナカマド。

_r_12  左から、タカネマツムシソウ、タテヤマウツボグサ、タマガワホトトギス。

_r_13  左から、チングルマ(実)、ニッコウキスゲ、ノアザミ。アザミの花は区別が難しいので、ちょっと疑問。

1_r  左から、テガタチドリ三種。普通は左のような赤紫色、時々、中の写真のように色が薄い花があります。そして、今回、右のように真っ白な花を見つけました。

_r_14  左から、ハクサンコザクラ、ハクサンシャジン、ハクサンフウロ。

_r_15  左から、ヒメシャジン、マイヅルソウ、ミソガワソウ。

_r_16  左から、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマオトコヨモギ、ミヤマキンポウゲ。

_r_17  左から、ミヤマコウゾリナ、ミヤマコゴメグサ、ミヤマダイコンソウ。

_r_18  左から、ミヤマタンポポ、モミジカラマツ、ヤマガラシ。

_r_19  左から、ヤマハハコ、ヤマブキショウマ、ヨツバシオガマ。白山のヨツバシオガマは、植物図鑑の標準とされるヨツバシオガマです。

_r_20

 最後に、ヨツバヒヨドリ。葉の付き方の違いで、ヒヨドリソウがあります。

1__r

(オシニモツケとシモツケソウのコラボ)

 2017 白山 3と4で、6+61=67種類の高山植物を紹介しました。10年前から 夏や秋に白山を歩いています。

2__r (ミヤマアキノキリンソウとウラジロナナカマドの実)

 数年前からは、1シーズンに3回登り、トータル20数回登っています。今回、いつもとは違う時期に歩いたので、こんな所にこんな花があったのか!と楽しい山歩きになりました。

2_r クガイソウの蜜を集めるオオマルハナバチ

2017年8月12日 (土)

2017 白山 3

 白山の御来光、乾いたガスだったので期待していたのですが、予想に反してガスが切れない&雲が厚いと悪い条件が重なりました。Ae6a5716_r カメラがガスで濡れないようにタオルをかぶせての撮影でした。

Ae6a5775_raw_r  2日目の下山中、ホシガラスとアサギマダラを見かけました。ホシガラスは、距離があり、18-300mmの高倍率ズームレンズでもキツかったです。SIGMAもTAMRONのような18-400mの超高倍率ズームレンズを出してくれないかなぁ。(長年使ってきたSIGMA 18-300mmのズームレンズ、ちょっとガタが出始めたし・・・)

ここからは、初めて あるいは、久しぶりに見た高山植物です。

_r ウスユキソウ(左)とハクサンイチゲ(右)。

 どちらも雪融け後の早い時期に見られる花です。とくにウスユキソウは、エーデルワイスの仲間の花で、ちょっと珍しい高山植物です。開花時期が短く、白山で初めて見ることができました。ハクサンイチゲは、遠目から見ても群生して咲いているのが分かる状況でした。

_r_2 ハクサンオミナエシ(左)とハクサンタイゲキ(右)。

 これらも早く咲く高山植物です。ハクサンオミナエシは初めて見ることができました。ハクサンタイゲキは、3年ほど前に花が終わった後の物を見たことがありますが、花を見たことはなかったので、これも初見といえば、初見の高山植物です。

_r_4 オオコメツツジ(左)とツガザクラ(右)。

 オオコメツツジは、とても小さい花です。白山では初めて見つけました。右は、多分 ツガザクラだと思うのですが、既に実になっていました。ツガザクラの仲間は花を見ないと分からないので、ちょっと自信がありません。これがツガザクラならば、白山で初めて見ました。

 今年は、白山の積雪は少なかったのですが、春の冷え込みが長く続き、(勝山から見ていて)7月下旬近くまで雪が残っていました。雪融けが遅くなった分、普段ならば見られない高山植物を見ることができました。これだから白山の山歩きは楽しいです。

2017 白山 2

8月5日、別当出会の登山口。Ae6a5567_raw_r 赤トンボがいっぱい飛んでいました。

こんな良い条件が続くと思っていたら、お昼前からガスが出始め、切れたり切れなかったり。P8062397_r 20kgを背負い、観光新道で登ったため、かなり脚に負担がかかっていました。途中、4回程足がつってしまいました。熱中症には注意していたので、熱中症ではないと思うんだけどなぁ。12時前に室堂に到着しました。水屋尻の雪渓、今年はかなりの範囲で残っていました。Ae6a5609_raw_r 15時過ぎから、ガスが切れ始め、夕方までスッキリした青空が見えました。Ae6a5633_raw_r_2 でも、雲が厚く、夕日が沈むところを見ることはできませんでした。Ae6a5640_raw_r 夕日が見られないかと待っている最中に撮影。この日一番の青空と室堂。

2017白山2日目の8月6日。晴れてはいたものの、きれいな御来光は拝めませんでした。乾いたガスが濃くなり始め、霧の粒の大きさが大きくなってきたので、朝食を食べ終えたあと、7時前に下山開始。最初の予定では、エコーライン経由で下りるつもりでしたが、最短コースの黒ボコ岩で下りました。

P8062430_r_2 これが、貴重な高山植物との出会いに繋がりました。(写真上部の大きな岩が黒ボコ岩)

P8062431_r 砂防新道の反対、観光新道の馬のたてがみ。司会はかなり効いているようですが、薄いガスが流れてきてました。

Ae6a5787_raw_r この後、甚之助避難小屋まで下りると、スッキリした青空が出てきました。左側の尾根が観光新道。このとき、観光新道を歩いていた人は、きれいな高山植物をたくさん見られただろうなぁ。いいなぁ~~。

Ae6a5778_raw_r もう一つの白山神社がある別山。ようやくその姿を見せてくれました。

 写真を撮りながら下りてきたので、室堂から甚之助避難小屋まで1時間半位で下りてきました。このあとは一気に下りようと思っていたら、下山渋滞に捕まり、甚之助避難小屋から別当覗まで通常なら30分程度で行けるところを1時間・・・。

P8062451_r

 7月上旬、大雨でヶ山道の一部が崩落したという情報があったのですが、夏山のハイシーズンまでにはきれいに整備されていました。

Ae6a5791_r  白山からの帰り道、白山が見えるビュースポットというところから見た白山。市ノ瀬へ続く道路から撮影。

Ae6a5793_r  こちらは、白山展望の湯近くから撮影。白山までの距離が近いので、白山の頂上部分しか見えない。。。

 続編では、高山植物や御来光の写真をアップします。

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報