カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 2017 勝山のホタルポイント 5 | メイン | Made in Fukui »

2017年7月23日 (日)

池ヶ原湿原 2

 6月の初旬に行ったときはトキソウしかなかったので、湿原の他の植物の花が咲いていないかなぁと、7月半ばに再び池ヶ原湿原に行ってみました。すると、お目当てのミズチドリとノカンゾウ、カキランが咲いていました。Mizutidori_r ミズチドリ(左)とミソハギ(右)Kobagibousi_r

コバギボウシ(左)とカキラン(右)Nokanzou_r ノカンゾウ(左)とメタカラコウ(右)Numatoranoo_rヌマトラノオ(左)とイヌヌマトラノオ(右)Himegisu_r

ヒメギス(左上)とバッタ(右上、左下)とワタムシの幼虫?(右下)Shiokara_r シオカラトンボのメス(左)とシオヤトンボ(右)Img_3748_raw_r ウグイス、池ヶ原湿原は、標高が高いので、夏でもウグイスがホーホケキョと鳴いていました。普通、ウグイスはなかなか姿を見せないのですが、たまたま見えやすい枝先にいたので、カメラを向けて瞬間に飛び立ちました。少しブレていますが、なんとかウグイスと判別できる写真を撮ることができました。

 最後に、一部のカメラマンですが、マナーの悪い行いを。P1030223_r 木道の直ぐ脇に湿原の草を踏み潰した痕がありました。水色は、野生の獣が踏み潰した痕です。赤色は、人が作為的に踏み潰した痕です。野生の獣だと、トンネルのようになっていますが、人だと足場を固めるため広く踏み潰していることがわかります。おそらくミズチドリの花を撮影するために行ったのだろうと思います。

 良い写真を良い場所で撮りたいという気持ちは分かりますが、そのためには何をしても良いというわけではありません。迷惑な話です。

コメント

コメントを投稿

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報