カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« のんびり掃除 | メイン | よいお年を・・・ »

2016年12月29日 (木)

PowerShot G3X で星撮り

 28日の夜、予想に反してスッキリした星空でした。もっと早くに気がついていれば、条件の良いところで撮影したのに・・・。23時から1時間半ほど、家の前でポータブル赤道儀をセットし、PowerShot G3X で撮影してみました。

Rimg_1407

 これまで、G3Xは、星撮りモードを利用した自動撮影でしか使ってきませんでした。ポタ赤にセットして、撮影するのは初めて。ちょうど、オリオン座が南中していたので、オリオン座にあるM43オリオン星雲とおおいぬ座にあるM41散開星団、それとおうし座の近くにあるM45プレアデス星団(散開星団)を撮影しました。

 あと、かに座にあるM44プレセペ星団(散開星団)も狙いたかったのですが、隣のアパートの陰になり、かつ、外灯の明かりの影響で撮影することはできませんでした。Rm43M43オリオン星雲です。左は、600mm(35mm換算)、右は、デジタルズーム63倍(35mm換算:1200mm)です。G3Xは、レンズ径がネオコンデジの中でも大口径のため、600mmでも綺麗に撮影できました。驚いたのは、デジタルズームの写真! プログレッシブズームという画像劣化が少ないデジタルズームだそうです。これにはビックリ! 言われなければ、デジタルズームだとは気付かない写りです。(左は、RAWで撮影した写真を5コマ、右は、JPEGを画像処理し、2コマ重ねています。)Rimg_1414_rawおおいぬ座のM41散開星団です。(南中しているとき)シリウスの下にぼやっと見えます。600mm(35mm換算)で、RAWで撮影した写真を3コマ重ねています。R_2おうし座の近くにあるM45プレアデス星団です。左は、600mm(35mm換算)、右は、デジタルズーム63倍(35mm換算:1200mm)です。。(左は、RAWで撮影した写真を3コマ、右は、JPEGを画像処理し、4コマ重ねています。)

 昨年まで、LUMIXのFZ-1000を星撮りに使うことがありました。FZ-1000は、35mm換算で400mm、デジタルズームはかなり効くのですが、そこそこ見られる画像は40倍くらい(35mm換算800mm)まで。今回、G3Xをテストしてみて、G3Xの方が格段に性能が上ということがハッキリしました。星撮りの機材、充実してきた! 星撮りしたい・・・。

コメント

moritoさんへ
そうなんです。晴れていたんです。夕方には、分厚い雲があったので、星は無理だろうと思い、家の中から出ませんでした。でも、何気なく空を見たら、スッキリ晴れていたので、家の前で星撮りをしていました。福井市でも気温が下がり、指先がしびれてしまいました。

おひさぁです。

昨晩は晴れていたのですねぇ。

今期後半は天候が味方してくれず、撮れない撮れないと言っているうちに年末になってしまいました...

12月初めに 初海側にて星景撮影しましたが、山より暗かった。。漁り火がない時期なら山より暖かいし良いのですが、機材を長時間潮風に晒すのは不安です。

コメントを投稿

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報