カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

2015 白山 9.20-21 Part 7

山歩き中の食事。

Rp1030001

 昔はインスタントのカップ麺を持って上がっていましたが、ここ3,4年は、長期保存が可能な食料を持って上がっています。

 2日目の昼は、お湯を入れて15分でできあがる白飯とフリーズドライの牛とじ丼、そして、もずく汁(みそ汁)です。

災害時の食料にもなるので、家には、こういう物が3日分位ストックしてます。

2015 白山 9.20-21 Part 6

朝5時頃に起きてから6時間位かけて、白山の写真の整理をしてました。

最初に、2日目の朝、展望歩道を歩いている時に見かけた野鳥です。

Rae6a3733_raw

 ヒガラです。公園などでよく見かけるシ ジュウカラの仲閒です。シジュウカラよりはちょっと小柄です。

 シジュウカラと見分けるポイントは、羽と頭や顔。シジュウカラの羽には、鮮やかな緑や青の色がありますが、ヒガラの羽は灰色。また、シジュウカラは、顔の半分位は白です。ヒガラは顔の下半分が白で、頭の後ろに白いたてがみのような羽があります。

 平地にも出てくることはありますが、シジュウカラの群れに紛れ込んでいるので、見つけることは難しいと思います。

Rae6a3744_raw こちらは、ハイマツのみを食べにやって来たヒガラがハイマツの枝に止まろうとしたところを連写しました。

Rae6a3772_raw

 こちらは、枯れたナナカマドの枝先に止まるヒガラ。

Rae6a3767_raw こちらは、枯れたシラビソにやって来たヒガラ。樹皮の下にいる虫を食べに来たようです。

Rae6a3781_raw

 シラビソの実を食べにやって来たホシガラス。ホシガラスは、ハイマツやシラビソの実が大好物で、大きな松ぼっくりを見つけると、岩の上に持って行って食事をする性質があります。

 他にも、イワヒバリやカヤクグリを見かけたのですが、こちらは、警戒心が強いため、写真に収めることはできませんでした。

2015年9月25日 (金)

2015 白山 9.20-21 Part 5

写真の整理にはまだ時間がかかりそうなので、動画を何本かupしておきます。動画は、アウトドアのデジカメ、Panasonic FT4で撮影しました。未編集です。

<9月20日>


YouTube: 20150920白山からの展望1

 白山室堂で山小屋のチェックインを済ませたあと、山頂へ向かう途中で撮影しました。


YouTube: 201509白山からの展望 2

 お池巡りを千蛇ヶ池でショートカットして室堂へ戻る最中、雲に隠れていた別山が綺麗に出てきたところを撮影しました。

<9月21日>


YouTube: 201509白山弥陀ヶ原

 弥陀ヶ原の橋を歩く展望歩道から撮影しました。


YouTube: 201509別山油坂

 別山の油坂の途中から見た景色。


YouTube: 201509別山

 御舎利山下の登山道を移動している時に撮影。手前のピークが御舎利山、その隣のピークが別山。


YouTube: 201509別山山頂からの眺め1

 別山山頂からの撮影。まずは、三ノ峰から岐阜県境に伸びる、二ノ峰、一ノ峰、銚子ヶ峰へと続く縦走路。雲がかかっているので、ハッキリしません。動画の冒頭で、平らな地形があります。これは、別山平という場所で、チョットした高層湿原もあり、夏は、花畑です。


YouTube: 201509別山からの眺め2

 こちらは、岐阜県境~白山方面の動画です。山頂に着いた直後は白山も少し見えていたのですが、昼食の準備をしている間に、また雲の中に隠れてしまいました。

2015年9月23日 (水)

2015 白山 9.20-21 Part 4

 7月の連休の時、日帰りで白山に登った時は、立て替え中だった白山室堂のしらひめ神社、工事用の幕で囲まれ、中の様子を見ることはできませんでした。

Rp1020860

 今回は、その幕も取り外され、新しい社殿を見ることができました。白山のシーズンが終わるまでに工事を完了し、来夏からは祈祷なども行われるはず。来シーズン、中に立ち寄るのが楽しみです。

Rp1020995

 普段は、山に登っても自分撮りはしません。今回の山歩きでは、白山の奥しらひめ神社と別山の別山神社の2つをお参りすることができたので、記念に撮影しました。

 撮影をお願いしたのは、白山一里野~白山~別山~三ノ峰へと縦走し、石徹白へ向かう中年(?)のご夫妻です。多分、23km前後歩くことになるのではないでしょうか。いやはやすごい健脚です。写真を撮ってもらったあと、お隣の三ノ峰に向かわれました。撮影していただき、ありがとうございました。

<おまけ>

Rp1030052

 今回、下山中に怪我をしました。擦り傷程度だったので、昼食用に使った水の残りで怪我をした部分を洗浄しましたが、場合によっては、その場ですぐに消毒しないといけない場合も起きます。そこで、ゲンキーで局所麻酔の成分が入った消毒液と、防水の絆創膏を購入。使ってみると、2時間程度は、痛みが和らぐような感じでした。世の中、イロイロと便利な物が出てますね。

Rp1030053

 これらの物とこれまでの山歩きで持ち歩いていた応急処置グッズを2つの防水ケースに入れ、中に入っている物が分かりやすいようにシールを貼ってみました。使わない方が良いのですが、今回のようなことが起きた時には、ちょっと安心できるかな?

秋の越前甲

Rp1020550

 福井市や永平寺町では彼岸花が咲き誇っていますが、FUDOUの職場近くは、ようやく咲き始めました。昨日(22日)、職場で飼育しているメダカの世話をしにちょっと勝山へ。その帰り際、咲き始めた彼岸花とソバの白い花のコントラストが綺麗だったので、しばらく撮影していました。

 越前甲とソバと彼岸花。3つ被写体を入れてみました。まずは、ローアングルから。

R__1

 彼岸花が風に揺れ、なかなか静止してくれず、ISO感度を上げて何とか撮影できました。

 次は、人の目線から。

R__2

 こちらは、ソバ畑の様子がよく分かりますが、目線を高くすると、集落の家などが入り、下げすぎると、ソバ畑の広がりが分からなくなる。なかなか位置決めができませんでした。

 撮影後に気がついたのですが、RAWで撮ってなかった! JPEGデータなので、これ以上処理すると、『加工した』感じが目立つ! 久しぶりに使ったFZ-1000。撮影前のチェックを忘れていました(EOSのデジ一眼では、RAW+JPEGで記録しています。)。

Rp1020551

 その後、野向のコスモス畑はどうかなぁと立ち寄ってみると、開花状況はまだまだでした。10月11日(日)にコスモス祭りを開催するようですが、満開になるのかな?

 さて、白山登山で使用したEOS7D Mk2、下山してから一日半、乾燥剤と共にドライボックスに入れておきました。雨に濡れたわけではありませんが、レンズ内の湿気もある程度は取り除かれたはず。白山で撮影したデータを取り出そうかな。

8月28日の夕日

8月28日撮影した写真を使って太陽が沈む様子をコマ送り映像にしてみました。


YouTube: sunset 六呂瀬山

2015 白山 9.20-21 Part 3

Rp1020811

 今回の山歩きで、是非テストしたかったのが、iPhoneの位置情報を使ったナビアプリ。イロイロあるのですが、今回は、YAMAPを使ってみました。(iPhoneは、日常防水などの機能はないため、防水防塵ケースに入れて使用しています。)。

 使い方は簡単です。まず、山に行く前にYAMAPのサイトから、登りたい山のマップをダウンロードしておきます(地図は百名山などの他にもイロイロとジャンルがありました。)。

 登る前に、設定のアイコンから、YAMAPの位置情報サービスを「常に許可する」に切り替え、YAMAPを起動し、予めダウンロードしておいた地図(今回は白山)を呼び出して、スタートすると、登山口にオレンジの点がつきます(写真:左側)。移動したルートはオレンジの線で表示されました(写真:右側)。きちんと登山道に沿って線が表示されました。

Rp1030046

 歩いたコースは、保存でき、山歩き後に確認したり、YAMAPのサイトに上げて、YAMAPを使用しているユーザーと山歩きの情報を共有することができます(情報の公開は公開・非公開を選べます。)。右の写真は、初日、別当出合から白山室堂の記録です。行動中は、おおざっぱな地図でしたが、記録した情報では、2万5千分の1の地形図上に落とされ、距離×標高,時間×標高などのグラフがあります。

Rp1030048

 左の写真は、白山から別山への移動した時の記録です。左側は、すこし粗い地図ですが、拡大表示すると、2万5千分の1の地形図が表示されます。登山ルートに沿って、歩いていることが分かります。

Rp1030050

 右の写真は、別山からの帰りに移動した記録です。これを見ると、実際に歩いたコースと地形図上にある登山ルートとは少し異なっている部分があることが分かります。これは、地形図を作った後、土砂崩れ跡を迂回するため、登山道を付け直した場所になります。

 今回、iPhoneの位置情報サービスを利用したナビアプリを使いましたが、木々が多い中でもきちんとGPSの電波を受信し、そのズレもあまりないことが分かりました。また、iPhone購入の決め手にもなった性能「iPhoneの位置情報サービスは、スマホの中でもピカイチ!」という結果に、大いに納得しました。

<補足>

 位置情報サービスを利用した場合、どれくらいの速さでバッテリーが消費するのかを調べてみました。だいたい1時間で10%程消費するような感じでした。フル充電の状態でスタートすれば、9時間程は稼働することになります。1日で9時間を越えて山歩きをすることは滅多にないので、十分な稼働時間だと思います。

 また、ついでに、今回は、以前購入した大容量バッテリーパック(12000mAh)も試しました。初日の午前中と、2日目の午前中に、2度充電しましたが、大容量のバッテリーの残量チェックランプは1つだけ減る程度でした(このバッテリーパック、スマホは8回程、タブレットは4回程充電できます。2泊3日程度の山歩きでも使えると思い購入していました。)。

2015年9月22日 (火)

2015 白山 9.20-21 Part 2

 チブリ尾根避難小屋から水場へ向かっている最中、トラブル発生! 気をつけて歩いていたつもりですが、登山道を踏み外しました。

Rp1030017

 写真の上から下に向かって歩いていました。左手が山側、右手が2m程の崖。登山道の幅は、約35cm。まぁまぁの幅があります。気をつけていれば、何も問題がない道ですが、下山を急ぐあまり、注意が散漫となっていました。青マルのササの生え際付近で足を滑らせ、体の左半分がフッと落ちました。一瞬、何が起きたか分かりませんでしたが、目の前に見えた木の根っこ(赤マル)をとっさに掴み、体全部が落ちることを防ぎました。

 落ちた時、左ショルダーに付けていたカメラが地面に当たっていたら、その衝撃で、右手で根っこを掴むことができなかったでしょう。運良く、体の左半分が綺麗に落ちたことで、その衝撃を受けずにすみました(カメラも、生い茂っていたササに守られ、壊れませんでした。)。

 しかし、左手の親指に怪我をしました。落下の際、ササの葉が親指の爪の間に入り切ったのか出血。ついでに土も入りました。とりあえず、残っていた水で周りの土を洗い流しましたが、爪の間に入った土を洗おうとすると、出血するので、そのままにして、絆創膏を貼りました。

 よく使う親指を怪我したのはマズかったですが、左手なので、まぁ、何とかなるでしょう。(しばらくの間、左手親指の痛みはとれないなぁ・・・。)

2015 白山 9.20-21 Part 1

まず、今回の移動行程について。

<9月20日>

新調した登山靴のならしのため、少しゆっくりしたペースで上りました。

920

 結果を見ると、はき慣れた登山靴よりも20分位余計にかかった程度でした。ゆっくり上ったにも関わらず、標準コースタイムより15分早かったのは、体が歩くペースを覚えていたからでしょう。

 室堂でチェックインした後は、写真を撮りながら、山頂へ上がり、お池巡りへ(途中の千蛇ヶ池でショートカットして室堂へ、3km程の移動)。カメラだけを持ってのんびり3時間程歩きました。

<9月21日>

 下山は、室堂~南竜馬場~別山~市ノ瀬というコースをとりました。別山へは、5年ほど前にチブリ尾根コースで往復したことがありますが、南竜馬場~別山は、初めて歩くコースでした。

921

表の訂正:(誤)油阪 →(正)油坂

・室堂~南竜~別山:4時間28分(標準タイムより28分オーバー)。

 別山から下山することを考え、足に負担をかけないようにして歩いたことと、初歩きのルートのため、ペース配分が上手くいきませんでした。

・別山~市ノ瀬:3時間26分(標準タイムより24分早い)。

 白山からの下りは、かなりのロングコースとなり、時間がかかりました。原因は、別山~市ノ瀬の距離を7kmほどと勘違いしていたこと。それで、チブリ尾根避難小屋を過ぎてからの早く歩ける道では、いつものペースで歩きましたが、チブリ尾根の道は、歩きにくいところが多く、あまりペースを上げることができませんでした。

 新調したキャラバンの登山靴、これまで使っていたシリオの登山靴と比べ、足幅が少し狭め。初日の歩きで、足の小指がブーツ内で強く当たりました。それで、2日目は、足の小指に使い捨てのソルボン(衝撃緩衝材)を貼りました。別山に行くまでは、問題ありませんでした。しかし、別山から下山している最中、今度は、足の親指がブーツ内に強く当たり、少し水ぶくれが。このことから、キャラバンのブーツを使う時は、足の親指と小指にソルボンを貼っておくと良いことが分かりました(FUDOUの足幅は広い方です。)。 また、ひもの閉め方はいつも通りなのですが、キャラバンのブーツは、シリオのブーツよりも足首の固定がきつくなるようです。まぁ、これは、使い込んでいくうちに馴染んでくるでしょう。

<追記> チブリ尾根の道は、歩きにくいところが多く、上りも下りも標準時間に休憩時間をプラスした時間(最低で、合計休憩時間が1時間)を入れて登山計画を立てた方が良いです。(標準時間 上り:6時間30分,下り:3時間50分)

2015年9月21日 (月)

今年2回目の白山から帰ってきました。

 今年2回目の白山、新調した登山靴のならし、iPhoneの位置情報機能を利用したナビアプリのテストとiPhoneの大容量バッテリーの能力チェック、最後に、ザック用のカメラホルダーの使い勝手チェックと、イロイロテストしてきました。

 いっぱい歩きました。明日は、写真データ整理や、使った道具などの後始末などに追われそうです。

 ボチボチとblogで紹介します。

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報