カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

若狭塗の箸

5年ほど使ってきた箸の先が5mm程折れてしまったので、新調しました。

Rp7311585

 今日は、仕事が休みだったので、朝9時頃に家を出て小浜へ。そして、箸の卸商をしているお店に行き、個人でも購入できるかを確認すると「OK!」。ということで、2膳購入しました。縞黒檀の若狭塗箸です。形は、八角形。(この形が手によく馴染むので八角形にしましたが、他にも形があります。)

Rp7311587

 ついでに、道の駅や箸のふるさと館で、菜箸を購入。こちらは、家や実家、妻方の家などへのお土産用です。菜箸でも、持ち手の部分が綺麗になっていると、なかなかいいですねぇ。

久しぶりに食べに行った

 昨日(7月30日)は、仕事に関する1日研修で、運動公園近くにいました。で、お昼を運動公園の正面入り口にある「若樹」で取りました。

 FUDOUが就職した頃は、運動公園に近くて食事できる場所は、2,3ヶ所。その中でも、若樹は運動公園のすぐ前にあるため、お昼時は満員でした。でも、今は、近くにいろいろなお店ができたせいか、お客は、常連さん1人と同じ場所で研修を受けている人4人(FUDOUたち2人組と別の2人組)の5名のみ。もっとくると思ったのですがねぇ・・・。多分、昼食を持ち込んで来た人が増えたんでしょうね。

 若樹のおすすめは、単品よりも『セット』です。いろいろなランチセット以外にもいろいろなセットがあります(A,B,Cの3種類のセット、ステーキランチセット)。そして、セットには、ライスの代わりのカレーライスが付きます。カレーライスは、自分で好きによそえます。このカレーが結構美味しい! また、おかず自体も結構ボリュームがあります。

 研修の休み時間は1時間しかないのでのんびりできません。20分位で食べて、支払いをしようとレジの前でそれぞれで千円札を2枚取り出すと・・・、レジにいたマスターが、「1000円。」と一言。 『えっ・・・??』 そして、マスターがもう一度、「1000円。」

 食事をした側は、『ラッキー!!』というわけで、1人 千円札1枚を払いました。で、マスターは、「また来てね~。」と一言。

 食事をした側は、約400円ほどおまけしてもらったわけです。なぜかなぁ~と考えると、食を注文する時に、「A,Bとかのランチセットって、なくなったの?」ということをマスターに尋ねたことに原因があるのではということになりました。

 メニュー表をよく見ていなかったFUDOUたちの方が悪いのですが、尋ねたことによって、『この客は、以前にも、自分のお店に食べに来ていた』ことをマスターが知り、おまけしてくれたようです。こんなことがあると、また来てもいいなぁと思いますねぇ。

 

 

コーラス隊

 7月30日、いつもより早く(17時頃)家に帰ると、庭でアブラゼミが元気よく鳴いていました。3週間ほど前、蝉の抜け殻を見つけましたが、その後、1週間に1個ずつくらいで増えたようです。昨日、探したところ、3個ありました。多分、庭木の見えないところにもあると思うので、今年は、セミの当たり年に当たったようです。

Rp1020445

 いつもより、元気に鳴いているなぁとセミを探すと・・・、ある木にいっぱい集まっていました。アブラギリという木に6匹(赤枠:4匹、黄と青枠:1匹ずつ)です。

 2,3匹が集まることはありますが、これほど集まるのは珍しいです。(写真を撮る前は、3匹のセミが縦一列に綺麗に並んでいました。)

 なぜ、この木にこれほど集まるのかというと、樹液がとても甘いからです。6匹とも、口の針を差し込み、一晩中、アブラギリの木に付いていました。

2015年7月30日 (木)

一息つける・・・

先週末から今週の今日まで、とても忙しい日が続いてました・・・。

25日(土) 午前~昼:仕事 午後3時~10時:地区全体の祭りの手伝い

26日(日) 早朝:仕事 午前9時~午後1時:仕事

27日(月)~28日(火)の午前:宿泊を伴う仕事

29日(水) 通常の仕事+時間外の会議1つ

30日(木) 仕事に関する研修(1日)

いやぁ~~、忙しかった。

明日(31日)は、休暇をもらい、OFF・・・。

天気が良ければ、日帰り白山と思っていましたが、天気が良くない。

で、予定変更で、小浜まで若狭塗の箸を買いに行くことにしました。(たかが箸で小浜へ??と思うかもしれませんが、Made in Fukui にこだわるFUDOUなので、そういうことをします(笑) )

そして、夜は、フェニックス祭りの打ち上げ花火があるので、久しぶりに撮りに行こうかなぁ・・・。さて、何処から狙おうか・・・。

2015年7月26日 (日)

珍しいことも・・・。

今晩の福井市、珍しく星がハッキリ見える!

こんなことは、滅多にないですねぇ。

星撮りをしたいところですが、明日&明後日と、ちょっとハードな日が続くので、今晩は、「おやすみ!」です。あと、今朝、とても早起きしたしねぇ。

明日もこの調子で晴れてくれると、夜が楽しみ!

(みずがめ座の北群の流星群がピークです。昨年は、明るい火球が流れました!)

オヤスミナサイ。

2015年7月23日 (木)

2015 白山 7.20 Part 3

白山は、涼しいので、暑いのが嫌いな野鳥などが避暑に来ていたりします。

Rae6a2735_raw

 この写真の鳥、なんだか分かりますか? 春の代表的な鳥です。誰もがその鳴き声を知っています。

 正解は、「ホーホケキョ」と鳴く、ウグイスです。えっ、ウグイスって緑色じゃないの?と思われるのは、「うぐいすあん」のイメージがあるからです。

 鳴き声が綺麗なウグイスですが、実際のウグイスはとても地味です。見つけるのが難しいのですが、白山は国立公園のため、人を余り警戒しません。のんびり屋の個体がいたりすると、数mまで接近することができます。

Rae6a2816_raw

 こちらは、亜高山帯で生息する「イワヒバリ」です。鳴き声は綺麗で岩場に巣を作ります。こちらは、警戒心が強いです。

 次からは、白山のピュースポットです。

Rae6a2874

その1つ不動滝です。3連休始めの雨により、水量が多く、勢いよく水が流れ落ちていました。

Rae6a2848

こちらは、南竜馬場を流れる川からエコーラインのルートを見わたせる場所です。今年は、春先の低い気温のせいか、まだ雪渓が多く残っていました。

2015年7月22日 (水)

2015 白山 7.20 Part 2

21日の夜も綺麗に晴れてますねぇ・・・。

今年の初 白山、次のようなタイムで歩きました。

登山バス、2本目のバス(5:30発)で別当出合へ。6時半過ぎまで朝ご飯。

6:45 別当出合 出 → 7:14 中飯場 着(休:12分)

7:26 中飯場 出 → 7:56 別当覗 着(休:4分)

8:00 別当覗 出 → 8:34 甚之助避難小屋 着(休:26分)

9:00 甚之助避難小屋 出 → 9:24 南竜分岐(休:5分)

9:29 南竜分岐 出 → 10:14 黒ボコ岩 着(休:10分)

(別当出合~黒ボコ岩 3時間29分(休み抜き:2時間42分))

10:24 黒ボコ岩 出 → 10:45 観光新道・馬のたてがみ 着(休:28分)

11:13 馬のたてがみ 出 → 11:31 黒ボコ岩 → 11:52 室堂 着(昼食)

登りの活動時間 5時間7分(休み抜き:3時間42分)

Rae6a2719登り、甚之助避難小屋から撮影した、別山。

13:13 室堂 出 → 14:07 エコーライン分岐 → 14:18 南竜キャンプサイト 着(休:30分)

 (室堂~エコーライン分岐 1時間5分,写真を撮りながら移動)

14:48 南竜キャンプサイト 出 → 15:01 エコーライン分岐 → 15:13 南竜分岐(休:5分)

15:18 南竜分岐 出 → 15:28 甚之助避難小屋 → 15:50 別当覗 → 16:08 中飯場 着(休:4分)

16:12 中飯場 出 → 16:35 別当出合 着

登山バスの最終の1本前のバスで市ノ瀬ビジターセンターに降りました。

下りの活動時間 南竜→別当出合 1時間47分(休み抜き:1時間38分)

Rae6a2865 下り、南竜水平道から撮影した別山。

 歩いた総距離は、登り:約7km、下り:約7.5km、合計 約14.5kmです。登りをやや押さえて歩いたので、下りもいいペースで歩けました。

 ただ、標高2200mまで降りてくると、かなり暑く、熱中症にならないように水分を多く取りました。登山口に着いた頃には、持って上がった2.2Lのスポーツドリンクを全て使い切りました。白山を歩いて、水がなくなるというのは、数年ぶりです。今回は、ほぼ登山口という場所で助かりました。(前回は、登山口まで標高差で100m、距離にして約500mという場所でした。)

2015年7月21日 (火)

2015 白山 7.20 Part 1

 7月の連休最終日、台風一過で天気が回復するだろうと期待して白山へ。

 でも、ほぼ一日、乾いたガスが切れず、山頂は姿を見せてくれませんでした。

 15時頃、白山全体が青空に覆われ、山頂も少し姿を見せたかもしれませんが、その時は、下山していたので、その姿を見ていません。

 しかし、16時頃には、2000m以上は雲の中に。

 翌21日の朝、4時半頃に起きると、快晴の朝焼け・・・。今日は御来光が見られたでしょう。ここ約1週間ほど天気が荒れていたので、1週間ぶりの御来光。昨日登り、宿泊した人はラッキーですね。

Rp1020231_2

 さて、今年の積雪は、昨年より少なかったようです。登山道に残る雪は少なめでした。右が登山道です。左は凹地ですが、昨年は左の凹地全体に多くの雪が残っていました。

 昨年より雪が少ないのに、たくさん残っているのは、4~5月の気温が例年より低かったためでしょう。

室堂周辺の残雪も多く残っていました。

Rp1020310 左・中は、室堂上部の水屋尻の雪渓(上)、右は、五葉坂左の水屋尻の雪渓(下)です。雪渓を横切る登山道には、ベンガラで道しるべがついています。ガスで見えない状況でなければ、問題なく行動できるでしょう。この分だと、お花松原へ向かう登山道にも雪が多く残っているでしょうねぇ。お盆に、また、白山に行くつもりですが、雪渓歩きができるといいです。

Rp1020237

 最後に、古い甚之助避難避難小屋の跡です。綺麗に整備され、多くの人が休めるオープンスペースになっていました。水場は1つと、多少は混雑するとは思いますが、快適に過ごせると思います。(新しい甚之助避難小屋は、この下、ちょっと行った場所にあります。)

 写真は、いっぱい撮ってきたので、整理に時間がかかりそうです。

2015年7月19日 (日)

赤兎山

 先週の月曜日、仕事の代休だったので、白山へのトレーニングがてら、赤兎山へ行ってきました。

 小原林道の入り口ゲートで、「ニッコウキスゲは咲いてますか?」と森林組合の人に聞くと、「ニッコウキスゲは終わったよ」という返事。やっぱり、遅かったか・・・・。でも、ササユリが見頃だと教えてもらったので、それを楽しみに歩くことにしました。

Rae6a2666

Rp1020127

 登山道口で身支度を調え、小原峠へ。沢沿いの登山道近くには、アキアカネやナツアカネがいっぱいいました(左)。また、木陰のしめった場所には、ギンリョウソウがたくさん出ていました(右)。

 登山道から小原峠まではゆっくり歩いたつもりですが、34分で到着。数分休んでから、赤兎山頂へ向かいました(小原峠から赤兎山頂までも34分で移動しました。)。

 小原峠から、大舟山の分岐へ向かっている途中くらいから、ゲートで聞いたササユリを多く見かけるようになりました。

Rae6a2665

 このササユリが、一番最初に見たササユキです。登り傾斜の登山道を歩いている時、ふと目を上げると、目の前にありました。

Rp1020145

 この後、たくさんのササユリを登山道脇で見ることができました。

Rae6a2667_2

Rae6a2672

 赤兎山の山頂近くに来ると、ゴゼンタチバナが満開でした。ついでに、アカモノもいっぱい花を付けていました。

赤兎山頂からは、ニッコウキスゲが見えませんでした。ならば、赤兎山の避難小屋まで行くとあるかな?と思い、風が強い中、移動しました。すると、

Rae6a2686やっぱりあった! 夏は、やっぱりニッコウキスゲを見ないと夏山に来たという感じがしないですねぇ。

でも、肝心の白山が雲の中・・・

Rae6a2689

晴れていると、この登山道の延長に白山が見えるんだけどなぁ。

避難小屋で昼ご飯を食べた後、風が強くなってきたので、さっさと下山しました(避難小屋から登山口まで約50分で移動。)。

Rp1020150

 昨年が白山国立公園指定60周年だったことから、環境省がイロイロ整備してますねぇ(4年前にはありませんでした。)。もしかして、世界遺産登録を目指している???。

 明日が連休最終日。天気が回復してきたので、明日は、日帰りで白山を歩いてこようと思います。目的の花があるといいな!

先週の夕日

 先週の木曜日?かな、夕日が綺麗でした。勝山の職場を出る時は、雲があり、綺麗な夕日ではなかったのですが、永平寺へ来ると雲が切れ、綺麗な夕日を見ることができました。

 鳴鹿の堰堤近くは電柱などの人工物がなくなるので、FT4でチョットだけ撮影してから帰りました。

FT4の夕焼けモード

Rp1020196 夕焼けモードなので、赤が強く出ます。

通常のPモードで露出が-1

Rp1020198夕焼けモードと比べると、穏やかな発色です。露出をアンダーにしたので、青みが強くなりました。

どちらもなかなかいい感じで撮ることができました。

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報