カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月11日 (水)

星野写真向けの赤道儀が発売された!

ポータブル赤道儀ではありません。

 近年の星野写真ブームを受け、天体望遠鏡メーカーから星野写真向けの赤道儀が発売されました。ポータブル赤道儀では、荷重制限がありますが、もともとは、天体望遠鏡用なので、赤道儀も三脚もしっかりしています。価格は高いですが、望遠鏡の赤道儀システムと比べると安くなり、メーカー希望小売価格で15万前後です。

 極軸合わせなどのセッティングがポタ赤よりも面倒になりますが、きちんと合わせると、星を点で捉え、追尾することができます。

 欠点は、

①バッテリーが単3電池(4本)で4時間というところ。(まぁ、星撮りを一晩中するという人はよほど好きな人だけということを考えればokでしょう。外付けで電源を供給できれば、一晩中撮影できます。)

②天体望遠鏡のシステムからできているので、総重量が重い。

でも、星撮りが好きな人には、欲しいシステムかもしれませんね。詳しくは、アストロアーツ3月号を。

2015年2月 9日 (月)

2015白峰雪だるままつり 白峰 2

5D Mk2と7D Mk2で撮影したものを比較してみました。

全く同じ構図というものを撮影していなかったので、似たようなもので比較します。

5d_mk2

7d_mk2

 左が5D Mk2、右が7D Mk2です。

 機材は、5D Mk2+EF24-105mmF4L IS、7D Mk2+EF70-300mmF4-5.6L ISです。

 ISOは、5D Mk2は「800」、7D Mk2は「3200」です。画像処理エンジンの違いだとは思いますが、7D Mk2の方が綺麗に処理されているように思います。

 画像処理能力の高い7D Mk、星撮りをしていないので、一度テストしてみたいですね。

2015年2月 7日 (土)

ロウバイとシジュウカラ

Rae6a9463 7日(土)、実家に行くついでに、グリセンに寄りました。3週間ほど前は蕾だったロウバイも咲き始めていました。

 ロウバイだけ撮影して、引き上げるつもりだったのですが、ロウバイの周りの木々にシジュウカラがいっぱいいて、ちょこまかと出たり入ったり。光の条件は悪かったのですが、7D Mk2のテストになるかと思い、ちょっと撮影してみました。

R1何かの花か種の入っている実を食べているようです。

R3足で器用に押さえて食べていました。

R5

シジュウカラは、すばしっこくて撮影が難しいのですが、こうやってエサを食べていてくれると撮影しやすいです。

R7

 その後も、別のシジュウカラが出たり入ったりしていました。中には、ロウバイの木の樹皮の下を嘴でつついているシジュウカラもいました。虫を食べているようではないようです。何を食べているんだろう?

Rae6a9514

 この後、しばらく様子を見ていると、メジロのつがいが1組とツグミとヒヨドリがやって来ました。ロウバイの花のにおいに誘われて、いろいろな野鳥が来ているようです。ロウバイの木の下には、ついばまれた花がたくさん落ちていました。花が七分咲になるまで待てないようです。

 30分ほどいましたが、近くにカラスが来たら、弱い鳥はみんな逃げてしまい、野鳥撮影も終了。グリセン内をのんびり歩き回ってから引き上げました。

Rae6a9484

コバザクラ

Rae6a9488

十月桜

Rae6a9493_2

トサミズキ

Rae6a9502_2

マンサク

Rae6a9506

アセビ

 

 

 

 

 

Rae6a9511

 サンゴジュの種?

グリセンの大きな芝生広場にある野外コンサートステージ前の池にて

Rae6a9498

冬で水が抜いてあるので、ちょっとおもしろい雰囲気の写真が撮れました。

R春になり、新芽が出てくるとすかすかの並木道も散歩する人も増えるだろうな。

えさ台を作ってみた

Rp1000971 1月の初め頃、自宅の庭にツグミ、アトリなどの渡り鳥が来ることがありました。もちろん、留鳥のスズメやヒヨドリ、ムクドリなどもやって来ます。そこで、えさ台を作り、2階のベランダにつけてみました。

 エサは、ヒマワリの種とアワです。ベランダは、長く伸びた主屋のひさしの下にあるので、雨の影響は受けにくい所です。スズメ以外にもシジュウカラなどが来てくれるといいなぁ。

2015白峰雪だるままつり 白峰 1

Rh2601EOS7D Mk2+EF70-300mm F4-5.6L IS、ISO3200で手持ち撮影したものです。

EOS7D Mk2の能力はすごいですね。この写真を撮るまでは、雪がちらついたりしていたのですが、白峰に着いてから1時間ほど経った19時半以降、雪雲が消え、その後、星が出始めたので、ザックから出し、首にかけて動き回りました。

外部ストロボは、5D Mk2につけていたので、7D Mk2の内蔵ストロボで撮影しました。ストロボありとなしでこれくらいの違いがあります。

Rh2602

7D Mk2では、ストロボなしで撮影しましたが、5D Mk2の方では、ストロボあり・なしでLEDライトを照らしてといろいろな方法で撮影しました。これについては、5D Mk2の方で紹介します。

さて、ここからは一気に出します。

Rae6a9405_raw

Rae6a9408_raw_2

Rae6a9410_raw

Rae6a9412_raw

Rae6a9413_raw_2

Rae6a9414_raw

Rae6a9416_raw

Rae6a9417_raw

Rae6a9421_raw

Rae6a9422_raw

Rae6a9432_raw

Rae6a9434_raw

Rae6a9441_raw

Rae6a9446_raw

Rae6a9448_raw

Rae6a9451_raw_2

Rae6a9452_raw

Rae6a9455_raw

Rae6a9458_raw_2

Rae6a9456_raw_2 

今回のエントリーでは、アップしていませんが、今年は、アナ雪に関する雪だるまが多かったです。

class4 と class10 を比べてみた

 SDカード、これまではコンデジの記録メディアと割り切っていたので、class4を使っていました。だってコンデジで高速連写を使うことは、これまでなかったし、これからもないと思っていたので・・・。

 しかし、7D Mk2には、CFとSD、2つのメディアスロットがあり、日常のスナップ写真中心のデータはCFカードに記録し、ちょっと気合いを入れて撮るときはSDカードに記録するようになりました(記録メディアを使い分けることで、PCにデータをコピーする時に楽になりました。)。

 で、手持ちのSDカード(トランセンド 16GB class4)を入れて使っていました。しかし、高速連写すると、バッファ内にデータが溜まってしまい、その処理のためカメラが一時的に止まってしまうということが起きていました。それで、class10のSDカード(TDK 8GB class10)を購入しました。

 書き込み速度を測ってみました。測定・比較方法は、同じ場所を高速連写で20コマ程写し、カメラ内のメモリで処理を待っている「10コマが0になるまでの時間」を比べました。メーカーとメモリ容量が異なるので、参考程度の比較になりますが、トランセンド 16GB class4が約34秒、TDK 8GB class10が約12秒でした。class10の方がclass4より およそ3倍速いということになります。

 これなら、高速連写してもカメラ内での画像処理が溜まっても撮影を少し待ってという時間のロスはなくなるかな。

Canon New Camera 発売発表

 朝、Canonからメールが届きました。この春から初夏にかけて、Newモデル(カメラ&レンズ)を13機種発表するようです。ここしばらくNikonやSonyのように新機種をあまり投入してこなかったCanonですが、昨年の7D Mk2の発表から販売攻勢をかけてきた?

 発売するのは、ハイアマチュア向けのEOS5Ds,EOS5Ds R,エントリー向けのEOS8000D,EOS Kiss X8i,ミラーレスのEOS3Mとコンデジなど。

 ハイアマチュア向けは、5000万画素。単純に考えて、写真1枚50MB。これだけ大きいと画像処理にデュアルDIGIC6でないと無理でしょうね~。

 ちょっと、「おっ!」と思ったのが、5Ds R。ローパスフィルタが最初から外されているモデルです。星野写真のための専用カメラは、ローパスフィルタを外し、代わりに赤外線フィルタをつけているので、5Ds Rは、星撮り向けに改造できるカメラ?星撮りに力を入れているユーザーならば、購入するかもしれませんね。

(FUDOUは、5D Mk2と7D Mk2,70Dがあるので、関心はありますが、機器の入れ替えをしようとは思いません。)

 土曜日の午前中は、昨晩の白峰雪だるま祭りで、「7D Mk2」で撮影したデータをRAW現像していました。EF70-300mm F4-5.6L ISを使用し、ISO3200での撮影でした。シャッター速度は1/15~1/60です。いくら手ぶれ補正が付いているからとはいっても、普通ならばブレたり、解像度の粗さが目に付くような撮影条件です。しかし、7D Mk2の能力はすごいです。これ、手持ち撮影だよと言わなければ、(カメラや写真にあまり詳しくない人は)区別がつかないと思います。

Rae6a9444

左が画像処理前、右が画像処理後。シャドウ部をかなり上げ、全体の明るさもかなり上げていますが、リサイズ画像では、画像劣化などは感じらません。元の画像をA3サイズにプリントアウトすると、シャドウ部での画像の粗さが感じられる程度です(それも、間近で見たときです。離れてみると、全く分かりません)。

Rp1000970

 別の写真ですが、A3ノビサイズにプリントアウトしたものの一部をLUMIX FT4のデジタルズームマクロで撮影したものです(コンデジは手持ち撮影)。A3に大きく引き延ばしてこの状態。Lサイズならば、画像が粗いとは感じないと思います。

やっぱりなぁ~~

朝、6時半頃に起き、窓の外を見ると、東の空が綺麗に朝焼け・・・。

 白峰からの帰り、勝山の北郷付近を走っているときに、霧の層が地上30m程の所に浮遊していたので、土曜の朝は、いい感じに晴れるんじゃないのかなぁ~と思っていたんだよなぁ。

 あぁぁ・・・。体が段々と無理が利かなくなってきた・・・。昨晩、チョー低いローアングルでピント合わせをしていたので、腰に少しきています。バリアングルのモニターではない5D Mk2は不便だ。

2015白峰雪だるままつり 白峰

 6日夕方、仕事をさっさと切り上げ、白峰の雪だるままつりにGO。18時半頃に到着し、22時半までの約4時間、白峰の中をうろうろしていました。5D Mk2+EF24-105mmF4Lと7D Mk2+EF70-300mmF4-5.6Lでかなりの数のコマを切りました。いいコマが多いといいです。

 カメラが冷え切っているので、一晩放置し、明日の午前中にでも写真を整理します。

おやすみなさい。

2015年2月 3日 (火)

車検の代車

 今月末、FUDOUのFORESTERが車検限となるので、車を車検に出しました(昔からなじみの自動車整備工場です)。そこで、その工場が所有する代車が現行の1代前(?)のプリウスでした。

 水曜、木曜と借りるのですが、今まで乗ってきたLegacyやFORESTERと比べると、トルクがない。バックで家のカーポートに入れたのですが、側溝の板の傾斜を上がれない。発進時にモーターで動くから仕方がないと割り切ってしまえばそれまでですが、こうもトルクがないとは思ってもいませんでした。雪でスタックしたら単独で脱出できるの?

 三菱のプラグインハイブリッド車「アウトランダー」はどうなんだろ?

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報