カウンター

フォトアルバム

ブログ村

« 氷の結晶 | メイン | 一息つけるようになりました »

2014年2月23日 (日)

2014 勝山左義長 1日目

R_mg_1322raw 勝山に春を呼ぶ左義長まつりが今年も始まりました。

 今年は町中に雪がなく、歩きやすいです。(でも、雪があった方が絵になるかなぁと思います。)

 土曜は、午後から時々青空が見えて、通りを飾る緑・黄・赤の左義長短冊が奇麗でした。

 左義長まつりの開始を告げる「ふれ太鼓」、今年は下後区の櫓でした。

R_mg_1303 ちょっとだけ見に行きました。櫓の周りはすごい人なので、すぐに立川区の方へ移動しました。 

 立川区の櫓は、一番端にあるため、あまり人が来ない・・・。だから、今年は地区の櫓へ誘導する看板が通りのいくつかに設置されていました。

 

R_mg_1320raw 立川区は櫓と見る人の距離が近く、広角で近づいて撮ることができます。でも、近くて櫓がちょっと高くなってしまうことと、櫓の向きが横向きなので、真ん中の柱がちょっと・・・。毎年、足を運びますが、子ども達の腕も上達してきました。

Rimg_5315raw 上郡区の蔵が始まるまで、ちょっと他の地区の櫓を見て歩き、午後3時過ぎに上郡区の櫓へ戻りました。ちょうど始まった頃で、櫓の前は人でいっぱい! 昨年はテレビで、今年は、新聞で取り上げられた影響でしょう。

Rimg_5317raw ここの櫓は、全ての部材を地区の人たちの手で全て作り上げるという昔からのやり方をしている櫓です。(他の地区は、櫓を完成したまま保管する櫓会館を作っています。その櫓を作るための費用は地区が負担しているようです。しかし、昔と比べ人口の減少により、区民も減り、その費用が集められないという事情があります。)

 ここの櫓は、大人よりもこども達や青年が主役。昨年までは太鼓を叩いていた子たちが、三味線などを弾き、新しい子たちが打ち手に加わっていました。世代交代ですね~。(昨年まで叩いていた子たちは、太鼓と三味線の両方をしていました。楽器を扱うのは中学生からという感じでしょうか。)

 次も櫓と見る人の距離が近い芳野区の櫓へ、上長渕区の櫓経由で移動しました。

Rimg_5390raw 上長渕区の櫓は、各地区の上手な人(大人)が集まります。こちらの方も櫓の前には人がいっぱいでした。

 

Rimg_5400raw 

 脚立などを持ち歩かないので、高い櫓は中を撮ることができません。そのため、離れたところから望遠で撮影していますが、周りの景色が入って祭の雰囲気が出たように思います。写りが少し歪んで見えるのは、櫓の前にあるドラム缶のたき火のためです。

 

 

 芳野区の櫓へ行くと、昨年までは見たことがないはっぴを着た大人が多数!

R_mg_1367raw  芳野区のクラブがはっぴを作り、みんなで着ていたようです。日曜のこども囃子コンクールの出場チームを決めるための地区審査をしている真っ最中でした。こういう光景もいいですね。

 時間も午後5時近くになり、引き上げ予定時刻。最後に上郡区の櫓に行き撮影していると、打ち手が下に出していた太鼓の前に出てきて、突然のパフォーマンス。

R_mg_1475raw
 猫目線で見た左義長囃子。ここまでのローアングルで撮ったことはないので、ちょっと気に入っています。

 

 

コメント

コメントを投稿

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報