カウンター

フォトアルバム

ブログ村

メイン | 2014年2月 »

2014年1月28日 (火)

電熱線入り手袋

Rp1220400 某大手の通販サイトのカタログに出ていた「カーボンファイバーヒーターつきの手袋」を購入しました。使用目的は、星撮りのさいに指先が冷えてしびれるので、その対策です。

 手首辺りにバッテリーパックを入れ、手の甲と指の左右に当たる部分にヒーターが織り込まれています。

 

Rp1220399電源を入れると、3段階に温度が設定され、「s」の部分が3つの色で強・中・弱をあらわします。写真は強です。

 実際に外で使ってみると、このグローブだけでは、温度が逃げてしまい、普通のグローブとあまり変わりませんでした。

Rp1250435 で、少し大きいサイズのグローブを好日山荘で購入し、このグローブの上にはめて使用することにしてみました。

 月曜の帰り道、ちょっと星撮りをしたので、効果を確かめました。で、結果は、広告のキャッチフレーズにあるほど温かく感じられないなぁという状態でした。小一時間ばかり外で撮影していましたが、指先のしびれはなかったです。グローブを二重にした効果はあるようでした。(車の中で、電源を入れたままグローブを置いておくと、温かいと感じるくらいになっていました。)

 このグローブ、氷点下で使用することを考えて作られていないのでしょう。グローブの保温性を高めるためは、さらにオーバーグローブをつけないといけない・・・。これ以上、つけると指先の操作ができなくなる・・・。

オリオン大星雲 M42

先週の金曜日、仕事の帰りに勝山市板東島近くの街灯がない場所で、しばらく星撮り。

最近の星撮りは、70DとEF200mmですることが多いので、オリオン座の下半分にあるオリオン大星雲を狙ってみました。

Img_0398raw 
少し風が強かったので、画像にはぶれがありますが、M42が奇麗に写りました。星雲の青や紫の色がハッキリと写っていたことに(^o^)。

望遠鏡でないと見られないと思っていたので、これにはビックリしました。

望遠レンズでの星撮りにはまりそうです。

2014年1月25日 (土)

EOSの比較 2

前回の続編です。

EOS7D,70D,5D Mk2にEF200mmF2.8LⅡとSIGMA 35mm F1.4をつけて、写り方の違いを比べてみました。

R7d200

左が200mm、中と右が35mmで撮影しました。35mmは、遠景と近景で比べました。(これらは7Dで撮影)

200mmは、JAMイリュージョンサイトサイトのリフト部分を切り取ってみました。

センサーサイズが違うため、7D(左)&70D(中)と5D Mk2(右)とでは、画像サイズが異なります。

200mm

7Dよりも70Dの方が解像度が良いです。70Dと5D Mk2は、サイズダウンしているため、同じように比較できませんが、原版(RAWデータ)でみると、5D Mk2の方が70Dよりも少し解像度がいいような感じを受けました。

35mmの遠景です。法恩寺山の部分を切り取ってみました。

35mma 
これも、200mと同じ様な結果です。

35mm近景の比較です。1.5mほど離れた所にあったミノムシを撮影しました。

35mmb
近景だと、7Dも70Dもそう違いは無いような感じです。(70Dの方が少しシャープかな?) 5D MK2と比べると、フルサイズの方が奇麗な感じです。

こうやって比べてみると、技術の進歩の差がわかるなぁ~。

 

 

笠雲?

金曜日の朝、出勤途中に見つけました。

R_mg_0883raw 
笠雲みたいな雲です。荒島岳や富士山のような独立峰で発生することが多い雲です。山の峰が続くような山ではなかなかできない雲。ちょっと珍しいので記録撮影しました。

EOSの比較 1

昨年末、同じレンズを使い、同じ設定で、7Dと70Dを比べてみました。

R7d35mm

R7d200mm 7Dと比べると70Dの方がややオーバー気味に写るようです。センサーザイズはどちらもAPSですが、70Dの方がほんのわずかだけ広く写っているような気がします。

 同じCANONですが、カメラの特性は違うものですね~。

 

 

2014年1月22日 (水)

福井市内で霧氷が・・・

 1月15日、この日は、前日の夜の天気を見て、明け方に晴れそうかなぁと思い、朝4時起きしました。晴れていれば、ラブジョイ彗星を撮りに出かけるつもりだったのですが、ちょうど霧が発生してしまい、撮影は空振りでした。

Rimg_4582rawRimg_4584raw いつものように家を出て、国8号線を越えて勝山に向かっていると、浄法寺山が明け方の薄青い光の中に浮かび上がり奇麗でした。

 普段なら、そのまま勝山に向かうのですが、ちょっと車を止めて写真を撮っていると、田んぼの畦が異様に白い! 注意してみると、なんと、畦に生えている草にビッシリと霧氷ができていました。

Rimg_4587Rimg_4588 多分、朝4~5時に発生した霧が陽が出る前の冷え込みで霧氷になったのでしょう。福井平野の真ん中?で霧氷を見ることができるとは思ってもいませんでした。

霧氷は、永平寺町に入るとすっかりと消え、(FUDOUの職場近くの)勝山に入っても大きい霧氷はできていませんでした。(大野との市境になる下荒井の方はかなりできていたようです。)

Rimg_4591 (職場で霧氷を探してみると、少しだけできていました。桜の木の枝にサルノコシカケみたいなキノコがつき、そこに霧氷がついていました。)

 

2014年1月19日 (日)

1日の仕事を終えたご褒美 3

14日に続いて15日も奇麗なピンク白山を見ることが出来ました。

ちょうどこの日は満月! 前日のピンク白山に月でも珍しいのに、今回は満月!

では、その様子をどうぞ!

Rimg_0372rawRimg_4597raw

 

 

 

 

 

Rimg_4598rawRimg_4602raw

 

 

 

 

 

Rimg_4603rawRimg_4606raw

 

 

 

 

 

Rimg_4608rawRimg_0382raw

 

最後に、パノラマ合成をしようと思って撮った写真に偶然入り込んだ物がいい点景になりました。

Rph26c

2014年1月16日 (木)

この冬一番の冷え込みで

Rp1000471 先週の冷え込みと今週の冷え込みの中、職場で飼育しているメダカたちは、寒さを物ともせず、元気に泳いでいます。

 先週の1月8日の時は、氷の厚さは5mm程でした。

Rp1000472

今週は、14日と15日の冷え込みで、氷の厚さは1cmほどになり、これまでの記録の最高記録となりました。

Rp1040371

 こんな厚い氷、今まで見たことがありません。

2014年1月15日 (水)

1日の仕事を終えたご褒美 2

 月が沈む、明け方に星撮りをしようと狙って起きましたが、放射冷却のため霧が発生。

 1日のご褒美の続きです。

14日の午前中に撮りました。

Rph26_
越前甲です。3こまを合成してます。(EOS7Dで撮影)

その越前甲が、夕方、奇麗にピンク色に染まりました。

Rimg_4574raw太陽の位置の関係で、越前甲が奇麗に染まることはあまりありません。(EOS7Dで撮影)

Rph26__2経ヶ岳も奇麗にピンク色になりました。(EOS70Dで撮影)

Rimg_0366raw_2月齢13~14の月を、EOS70Dで撮影しました。

思いの外、奇麗に撮れました。

19時半頃、職場の駐車場で東を見ると、月明かりで白山がかすかに見えるような感じだったので、70Dで撮影してみました。(三脚をセッティングするのが面倒だったので、ISO12800で、スローシャッターの手持ち撮影です。)

Rimg_0370ブレていますが、月明かりだけでも白山がしっかりと写っていました。

 

1日の仕事を終えたご褒美!

 14日、全国的に冷え込みました。朝、職場がある勝山へ車を走らせていると、どんどん外気温が下がっていく。職場に着いた頃には、-6℃を示していました。(演示ルーム内に入ってくる外気温を測定してるので、表示-1℃で-7℃となります。アメダスの勝山ポイントのデータは、-7.4℃でした。)

 写真はありませんが、朝7時半頃には、サンピラー(太陽柱)が見えました。

 1日の仕事が終わった頃、午後から出ていた雲が奇麗に消え、東にある山が奇麗に染まっていたので、3階までダッシュ!

白山が奇麗にピンク色に染まっていました。

Rimg_4581raw
そして、その白山の上には、奇麗な月が。

Rimg_4576raw
ピンク白山は、秋から春にかけて何度か目にすることはありますが、月とのコラボは滅多に見られないコラボです。

1日の最後にいいチャンスに巡り会えました(^_^)v

天気予報

  • 時計
    アクア時計 Powered by SEO
  • 天気予報